【次世代モビリティ】ヤマダ電機が電気自動車 20年までに、100万円以下

 家電量販最大手のヤマダ電機が電気自動車(EV)事業に参入する。EV開発のベンチャー企業に出資し、部品は中国の自動車大手からの調達を見込む。生産は船井電機に委託し、2020年までに低価格のEVを発売する。EVはガソリン車より参入障壁が低く、自動車以外のメーカーも発売を計画する。ヤマダ電機のような小売事業者までプレーヤーが広がり、競争が激しくなる。

 ヤマダは30日、EVベンチャーのFOMM(フォム、川崎市)に出資する契約を結んだ。十数億円を投じ、出資比率は1割程度になる見通し。FOMMは13年の設立。トヨタ自動車のグループ会社でEV開発を手がけていた技術者が立ち上げた。まずタイで小型EVの量産計画を進めている。

 FOMMは中国の自動車大手、北京汽車集団のグループ会社など複数の中国企業と、部品供給や出資の受け入れについて交渉しているもようだ。

 FOMMは日本市場の仕様に合わせ、軽自動車で4人乗りの小型EVを設計、開発する。主に一般消費者向けで自治体などの需要も見込む。組み立ては船井電機に委託。1台100万円以下に抑え、ヤマダが全国の店舗やネット通販で販売する。保守などサービスは他社と連携する。

 EVは現在のガソリン車よりも構成する部品が少なく、経済産業省によるとガソリン車の約4割の部品が不要という。あたかも家電のように開発や生産ができる可能性があり、掃除機で知られる英ダイソンも20年までにEVを発売する計画を打ち出している。

 英調査会社IHSマークイットによると17年で約69万台のEVの世界生産台数は25年に458万台に拡大する見通し。今後も自動車メーカー以外の参入が相次げば市場がさらに活性化しそうだ。

 ヤマダは子会社が手がける住宅とEVをセットで販売したり、走行距離に応じた課金制度を設けたりして価格を抑えることも検討する。三菱自動車が16年12月に発売したEVの軽自動車「アイ・ミーブ」の価格は200万円台。ヤマダはこれを下回る価格で年間数万台の販売をめざす。

FOMM http://fomm.co.jp/wordpress/

https://youtu.be/4vlhhmusGHE

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22892000Q7A031C1MM8000/

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

東洋一ともいわれる白砂とエメラルドグリーンが生み出す美しい与那覇前浜、自然が作り出したドーム状の景観が印象的な砂山ビーチなど、宮古島には感動するほどの美しい海が多数存在しています。

 

JUGEMテーマ:マーケティング

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーをご紹介しています。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 次世代モビリティ | 09:43 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】自動運転が崩すクルマ業界「ピラミッド構造」

 新しい秩序が生まれるその前には、必ず混沌が存在する。「100年に一度」とも言われる大変革を起こすのが自動運転車だ。人工知能(AI)や半導体といった“キーパーツ”を持つメーカーや、モビリティーサービスを目論む異業種企業が台頭してきた。こうした状況の中で、競争力を失う危機に直面しているのがメガサプライヤーだ。変化に対応する現場を追った。

 「今、我々の前には、米Google(グーグル)や同Apple(アップル)、同Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)といった新しいプレーヤーが登場している。未来は決して自動車会社だけで作れるものではない。前例のない、海図なき戦いが始まっている」

 発言の主は、トヨタ自動車社長の豊田章男氏である。2017年8月4日に開いたマツダとの提携に関する会見で危機感を口にした。電動化にコネクテッド、そして自動運転――。次世代車両のキーワードがはっきりしてくる中で、「自動車産業はパラダイムシフトが求められている」(豊田氏)。

 

豊田氏が名指ししたライバルのGoogleは、自動運転技術の開発プロジェクトを切り離して米Waymo(ウェイモ)を立ち上げた。既に、一般人に自動運転車を無料で貸し出す試験プログラム「Early Rider Program」を始めている。自動運転の“頭脳”を担うAI技術を持つ企業の台頭も目立つ。筆頭は米NVIDIA(エヌビディア)で、世界中の自動車メーカーやメガサプライヤーが群がる。

 100年以上の長い時間をかけてコツコツと積み上げた自動車業界のピラミッド構造が、音を立てて崩れ始めた。

■電動化で“2000万台クラブ”に

 エンジン車が大半だったこれまでは、自動車メーカーを頂点とするピラミッド構造が保たれてきた。部品メーカーはぞれぞれの担当領域を守り、垂直統合型の「ケイレツ」を形成した。

 

「量」で成長したメガサプライヤーは今後も安泰というわけではない。エンジン車が大半を占めた時代は自動車メーカーを頂点とする垂直統合モデルが確立されていた。自動運転車の登場は新しい参入企業を呼び込み、業界の序列を変える(図:日経Automotiveが作成)

 

 自動車メーカーがケイレツの考えを改めたきっかけが、電動化・電子化の進展だった。パワートレーンに電動部品が使われるようになり、機械部品の塊だったクルマに電子部品が多く使われるようになった。

 この流れに乗って存在感を高めたのが「メガサプライヤー」だ。電池やモーターなどの部品を組み合わせて、電動パワートレーンとしてシステムを供給した。メガサプライヤーは部品の共通化を進めて複数の自動車メーカーに供給し、量産規模の拡大で競争力を高めてきた。欧米を中心とする自動車メーカーは、メガサプライヤーに頼るようになった。

 その規模は、“1000万台クラブ”を標榜してきた自動車メーカーを超える。ドイツのBosch(ボッシュ)やContinental(コンチネンタル)は、部品を供給する自動車メーカーを束ねて“2000万台クラブ”を形成し、メガサプライヤーが主導して仕様を固めた部品やシステムを広く展開する。

 電池やモーターを手掛ける部品メーカーも重要度が増した。リチウムイオン電池では、パナソニックや韓国LG Chemなど、数社に収れんされてきた。駆動モーターは競争の真っ最中。例えば日本電産は、「開発センターにはたくさんの顧客がやってきている。まさに千客万来」(同社会長兼社長の永守重信氏)の状況だ。メガサプライヤーは世界的な部品の共通化の中で、強固な立ち位置を確保した。

 

■車載コンピューターが車両を制御

 この様子を一変させるのが自動運転車だ。運転者を必要としない完全自動運転の時代は、早ければ2020年ごろには幕を開ける。運転をシステムに委ね、車載コンピューターが車両を制御する。車載コンピューターの中枢には高い処理能力を備えた半導体が鎮座し、AIが演算を繰り返す。

 自動車メーカー自身もAI開発を進めている。だが、AI・半導体分野の開発は途上で、高度なソフトウエア技術も必要とする。このため、NVIDIAに代表される専業メーカーに頼らざるを得ない(図3)。NVIDIAは、ドイツDaimler(ダイムラー)や米Ford Motor(フォード・モーター)、同Tesla(テスラ)、スウェーデンVolvo(ボルボ)など多くの自動車メーカーを陣営に揃えた。

 

 対抗するのが、米Intel(インテル)とイスラエルMobileye(モービルアイ)の連合だ。ドイツBMWを加えた3社で、自動運転プラットフォームの開発に共同で取り組む。そこに、欧米Fiat Chrysler Automobiles(FCA)が参画を決めた。Intelは2017年8月にMobileyeの買収を完了させ、一枚岩でNVIDIAに挑む。

 NVIDIA勢かIntel陣営、どちらと組むか。自動車メーカー、メガサプライヤーまでこぞって提携関係を結んだ。ドイツAudi(アウディ)は両睨みの状態で、「レベル3」の自動運転機能を備える旗艦セダン「A8」では役割ごとに半導体を使い分けた。

■サービス企業が消費者との接点に

 瞬く間に自動車メーカーと並ぶ序列まで上り詰めたAI・半導体メーカー。だが、それ以上に自動車メーカーにとって厄介なのがサービス企業である。自動車メーカーがこれまで死守してきた、消費者との接点が絶たれる可能性があるからだ。

 こうなると、車両を消費者に直接販売できる機会が減る。サービス事業者は消費者のニーズを汲んだサービスを開発し、仕様を決めて“下請け”となる自動車メーカーに発注する流れができ上がる。既に、AppleやGoogleといったIT(情報技術)大手だけでなく、米Uber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ)や同Lyft(リフト)などのベンチャー企業も自動運転車を使ったサービスを検討している。

 AIや半導体、サービスを担う企業が自動運転開発における意思決定の上位に来て困るのは、自動車メーカーだけではない。

 「MobileyeはBMWと同格で、当社よりも上の序列にいる」。メガサプライヤーのContinentalで自動運転開発を担当する技術者は現状を分析する。同社はBMWとIntel、Mobileyeの開発連合に加わった。センサーや車両制御など要素技術を統合したシステムのとりまとめ役となるが、主導権はMobileyeにあるという。

 

■ティア1よりもMobileye

 メガサプライヤーが大きく成長した理由の一つが、自動車メーカーに収めるシステムの中に内製部品を一定量盛り込んで付加価値をつけられたことだ。競合と差異化するとともに、独自技術を高単価にして利益の源泉にもした。

 高い技術力を求められる自動運転車の実現を機に、メガサプライヤーはこの利益の源泉を失いかねない。自動車メーカー、あるいはNVIDIAやMobileyeが要求仕様を決め、メガサプライヤーに降ってくるからだ。

 兆候は既にある。ホンダが2017年6月に公開した自動運転の試作車が分かりやすい。ルームミラーの前に取り付けた二つの単眼カメラはいずれも、Mobileyeの画像処理チップを採用する。だが、カメラに仕上げる1次部品メーカー(ティア1)は異なる。ホンダにとって重要なのはMobileyeの画像処理チップを使うことで、ティア1は二の次。そんな姿勢が表れた。日産自動車も、ミニバン「セレナ」を発表する際にMobileyeの名前をアピールした。

 

■次の勝負はLiDAR

 自動運転時代に向けて、センサーや半導体は性能向上と低コスト化が強く求められる。自動車メーカーは、メガサプライヤーをこれまで以上にドライに評価する。Daimlerが2017年7月に部分改良した旗艦セダン「Sクラス」がいい例だ。運転支援システムの性能を高めるため、ステレオカメラのサプライヤーを変えた。改良前はContinentalが供給していたが、スウェーデンAutolivが奪取した。

 部分改良を担当したDaimlerManager Quality and Testing S-ClassのDominik Voogdt氏は、「道路状況や周辺環境をより正確に認識したかった」と変更の理由を説明する。

 自動運転車のセンサーで次の競争テーマになるのが、周辺監視に欠かせないレーザーレーダー(LiDAR)だろう。Continentalは米ベンチャーのAdvanced Scientific Concepts(ASC)を2016年3月に買収。ドイツZFはドイツIbeo Automotive Systemsに出資した。IbeoはフランスValeo(ヴァレオ)と共同でLiDARを開発してきたが、ZFが奪った。

 LiDARを含め、メガサプライヤーが内部で持つ技術だけでは対応できない領域が増えている。BoschやContinental、ZFのドイツ勢は、M&A(合併・買収)や他社との連携を強化する。自動運転システムを供給したい意向は3社に共通するが、戦略には違いが現れてきた。

 日本勢で対抗できるのはデンソーくらいだろう。ドイツ勢と比べるとスピード感に欠けるが、「2020年をターゲットに車載コンピューターやLiDARなどの開発を急いでいる」(デンソー常務役員の隈部肇氏)という。自動車業界の構造が揺らぐ中でメガサプライヤー各社は、新たな立ち位置を探り始めた。

(日経Automotive 久米秀尚)[日経Automotive2017年10月号の記事を再構成]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21066490T10C17A9000000/

 

*********************************

TOKYO MOTOR SHOW2017

http://www.tokyo-motorshow.com/

 

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

東洋一ともいわれる白砂とエメラルドグリーンが生み出す美しい与那覇前浜、自然が作り出したドーム状の景観が印象的な砂山ビーチなど、宮古島には感動するほどの美しい海が多数存在しています。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーが、入荷しました。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

宮古 海日和 2018年カレンダー (卓上) ←こちら

卓上サイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

 

| 次世代モビリティ | 10:35 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】トヨタ系列も巻き込まれるEVシフトの衝撃

世界中で高まるEV(電気自動車)シフトの機運により、自動車業界が100年に一度の大転換期を迎えようとしている。

「2025年までに電動車においてグローバルでナンバーワンになる」(独フォルクスワーゲンのマティアス・ミュラーCEO)

「日産が初代リーフを出した当時、EVが来ると言っていたのはウチだけだったが、今やEVへの取り組みや戦略を皆が発表している」(ルノー・日産・三菱連合の会長を務めるカルロス・ゴーン氏)

環境問題の対策へ、今年7月に英仏両政府が「2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を禁止する」と宣言。自動車の2大市場である中国や米国でEVなど次世代車の販売割合を義務付ける規制が、2018年から2019年にかけて導入される。これを受け大手自動車メーカーの首脳は、次々にEVの投入計画を発表している。

トヨタもマツダと組んでようやく本腰

 

週刊東洋経済10月16日発売号(10月21日号)の特集は「日本経済の試練 EVショック」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ただ、日本は、日産自動車が量産EV「リーフ」で先頭を走るものの、トヨタ自動車は9月28日にマツダやデンソーと共同でEVの基幹技術を開発する新会社を設立するなど、ようやくEVに本腰を入れ始めたところだ。世界を見渡せば米テスラや中国のBYDなど、EVで先行する企業が活気づいている。

 

『週刊東洋経済』は10月16日発売号(10月21日号)で「日本経済の試練 EVショック」を特集

 

世界中で巻き起こるEVシフトが日本の産業構造にどのような地殻変動をもたらすのか、展望している。

日本の自動車産業は、全就業人口の8.3%にあたる534万人を抱える。鉄鋼業界や化学業界など素材分野から、運輸やガソリンスタンドといったサービス関連分野まで、裾野が広い。貿易収支においても、輸出額から輸入額を差し引いた純貿易収支が14.2兆円と、他産業と比べても圧倒的な稼ぎ頭となっている。

 

EVはエンジンがいらないなど構造がシンプルで、ガソリン車に比べて部品点数が4割ほど減るとされる。ビジネス・ブレークスルー大学学長の大前研一氏は「EVシフトで日本の部品メーカーが受けるダメージは大きい。特にエンジン関連の部品を扱う企業は深刻だ」と分析する。

日本の自動車産業は完成車メーカーを頂点として、部品メーカーをはじめとする関連企業との密接な関係を築く系列構造が強みだ。日産はすでに系列を解体しているが、日本のみならず、世界でも最大級の自動車メーカーであるトヨタの系列は脈々と栄えている。一方、EVでは部品メーカー間の高度な「すり合わせ」の要素が薄まり、その強みを生かせなくなる。

影響は部品業界だけにとどまらない。石油流通市場に詳しい東洋大学の小嶌正稔教授の研究によれば、EV普及を前提に試算すると国内スタンド数は2050年に現在のおよそ4分の1である8700カ所まで減るという。

ただ、渦中の自動車関係者の間では、急激なEV化が起きるという見方に対して否定的な意見が多い。

「EVは航続距離の短さや車両価格、充電インフラの課題が解決されていない。バッテリーの劣化の問題もある」(日系自動車メーカーのEV・HV<ハイブリッド車>開発担当者)。「フランクフルトモーターショーでもプレスデーが終われば、消費者向けにディーゼル車やHVが並んだ」(日系自動車メーカーの幹部)。

経済産業省の幹部も、「EVかガソリン車か、ALL or Nothingの議論ではない。英仏政府はガソリン車をどのように禁止にするのか、HOWの議論にまでは踏み込んでいない」と慎重だ。

世界中のさまざまな企業や調査機関が2030年時点の新車販売に占めるEVの比率を予測しているが、上はBNPパリバの26%から、下はエクソンモービルの1.6%まで、EV化の進むスピードについて議論の幅は広い。

 

いったん技術がテイクオフすれば変化は急激に訪れる

ただ、時間軸の問題で、EV化の大きな潮流は変えられないとの見方もある。長年EV研究に携わってきた慶応義塾大学名誉教授の清水浩氏の研究によれば、レコードがCDに、ブラウン管テレビが液晶テレビに取って替わり、普及したスピードはわずか7年だったという。

「いったん技術がテイクオフすれば変化は急激に訪れ、既存の産業は破壊的な影響を受ける。日本がテスラに先を越されたのは、日本企業がイノベーションのジレンマにとりつかれていたからだ」(清水氏)と警鐘を鳴らす。

 

今年7月までテスラで電池部門を統括したカート・ケルティ氏は、「もうEVの時代は来ている。今からそれが止まることはない」と述べる。

一方、EVの製造原価の半分を占める車載電池では、テスラに独占供給するパナソニックが世界で高いシェアを占める。電池部材である正極材や負極材、セパレーターなどは、いずれも日本企業が世界屈指の技術力を持つ。

EV最大のネックである航続距離を伸ばすために、主に車体向けの炭素繊維やアルミなど日本のお家芸である素材分野でも、目下、軽量化の開発競争が繰り広げられている。EV化は日本企業にとってチャンスでもある。

http://toyokeizai.net/articles/-/193071

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

東洋一ともいわれる白砂とエメラルドグリーンが生み出す美しい与那覇前浜、自然が作り出したドーム状の景観が印象的な砂山ビーチなど、宮古島には感動するほどの美しい海が多数存在しています。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーが、入荷しました。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

宮古 海日和 2018年カレンダー (卓上) ←こちら

卓上サイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

 

| 次世代モビリティ | 11:20 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】「トゥクトゥク」EV化を計画=環境に優しい庶民の足に

【バンコク時事】タイ政府は4日、首都バンコクを中心に全国で走行している三輪タクシー「トゥクトゥク」を、2022年までにすべて電気自動車(EV)に切り替える計画を発表した。
 黒い煙をまき散らすことで悪名高いトゥクトゥクが「環境に優しい庶民の足」(アナンタポン・エネルギー相)に生まれ変わる。

 ドアも窓もないトゥクトゥクは走行中に受ける風の爽快感が人気で、タイ観光の名物の一つに数えられる。燃料はガソリンや液化石油ガス(LPG)だが、老朽化した車両が多く、市民の間では走行中の排ガスや騒音に対する批判も多い。

 政府は「eトゥクトゥク」の購入や、使用中のトゥクトゥクをEV化する改造修理への支援金を支給する。エネルギー省によると、現在走行中のトゥクトゥクは2万2000台で、これがすべて「eトゥクトゥク」になれば年間2万トンの石油消費の削減につながるという。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000004-jij-asia

 

************************

ガソリン車が世界的禁止、中国が世界自動車業界リーダーへ…日本勢、EV出遅れ危機的

「EVを制するものは、世界を制する」――。

 自動車産業の覇権争いを左右するきっかけになり得るEVをめぐって各国政府、世界の自動車メーカーの思惑が交錯、EV狂奏曲が演じられている。

http://biz-journal.jp/2017/10/post_20788_3.html

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

 

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

東洋一ともいわれる白砂とエメラルドグリーンが生み出す美しい与那覇前浜、自然が作り出したドーム状の景観が印象的な砂山ビーチなど、宮古島には感動をよぶ美しい海が多数存在しています。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーが、入荷しました。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

宮古 海日和 2018年カレンダー (卓上) ←こちら

卓上サイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

 

| 次世代モビリティ | 10:45 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】インド、電気自動車のみ販売へ 2030年までに

大気汚染対策として販売する車をすべて電気自動車とする野心的な計画を進める

 

ニューヨーク(CNNMoney) インド政府は4日までに、国内で販売する自動車を2030年までに全て電気自動車に限定するとの野心的な政策を明らかにした。

同国のエネルギー省は、インド上空の大気を清浄化するためガソリン使用の車両の販売を中止させる大胆な目標を据えたとブログで報告した。

ピューシュ・ゴヤル・エネルギー相は最近、電気自動車の開発努力を助長するため今後数年間、補助金を供与するとの方針を表明。この政策が進めば、電気自動車のコストは採算が取れるようになるとも予測した。

インド政府によると、電気自動車とハイブリッド車の年間販売台数は2020年までに600万台から700万台を見込んでいる。

インド経済は急成長を遂げているが、新たな産業の台頭や通勤客の増加で大気汚染も急速に悪化している。世界で大気汚染が最も深刻な国の1つともされ、年間120万人の死因になっていると推定する報告書もある。首都ニューデリーでの呼吸は1日当たりたばこ10本の喫煙に等しいと見る医者グループもいる。

インド政府による今回の計画を受け、米国の電気自動車メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、これを歓迎する考えをツイッター上で表明。同社はまだ、インド市場に進出していないが、同CEOは過去に再三、インドでの店舗開設計画に言及している。

インドは他のクリーンエネルギーの開発計画も積極的に進めている。太陽光エネルギーの利用を増やす大規模計画にも取り組んでいる。同国のモディ首相はトランプ米大統領が地球温暖化対策のパリ協定からの離脱を宣言した後、同協定を順守する努力を倍増するとの決意も表明した。

https://www.cnn.co.jp/business/35102214.html

 

<PR>★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年、沖縄宮古島の夏の味覚、

パッションフルーツ&完熟マンゴー ただ今受付中

一足早く梅雨入りした沖縄地方。

6月には梅雨明けし、本格的夏シーズンの到来です。

 

伊良部大橋の開通や直行便の増便、外国クルーズ船の寄港などの効果により

観光客数が急増している沖縄・宮古島。

それでも、離島ならではのゆっくりとした“島時間”の中で、

美しい海の景観に触れながら癒されてゆく心地よさは、宮古島ならではの楽しみ。

宮古島の夏と言えば、パッションフルーツやマンゴーなどのフルーツ。

今年も沖縄宮古島から、特別なパッションフルーツ、完熟マンゴーをお届けします。

 

宮古島 楽園の果実 砂川さんの有機完熟マンゴー ←ココ

来間島の有名なカフェ「楽園の果実」の砂川さんは、宮古島でも数少ない有機栽培を手掛けていらっしゃいます。有機で育てた完熟マンゴー、「台農」「夏小紅」などの珍しい品種をお届けします。

 

宮古島 楽園の果実 砂川さんの有機パッションフルーツ ←ココ

来間島の有名なカフェ「楽園の果実」の砂川さんは、宮古島でも数少ない有機栽培を手掛けていらっしゃいます。有機栽培のパッションフルーツは、収穫量も限られるため大変希少な逸品です。

 

宮古島 山の実マンゴー園のこだわり完熟マンゴー「みやこ紅」 ←ココ

甘くて美味しいマンゴーづくりにこだわって取り組む田上さん。奥様の実家を受け継ぐ若き生産者さんのこだわりの逸品、高級「みやこ紅」がおススメです。

 

この他、宮古島のおススメ品をご紹介しています。

 

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

JUGEMテーマ:マーケティング

 

| 次世代モビリティ | 10:33 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】ホンダ、“人と協調するAI”の開発に向け京都大学と共同研究開始

本田技研工業は4月27日、AI(人工知能)の研究を加速させるために、同社研究開発子会社HRI-JP(ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)と京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻がプロジェクトチームを立ち上げて新たな共同研究を開始したと発表した。

 ホンダではAIを搭載したモビリティやロボットが信頼できる家族のようになり、生活の一部として人に役立つ社会を描いており、「人の感情を理解し共感できること」「人に寄り添い、共に成長していくこと」「主役である人の可能性を拡大していくこと」ができる“人と協調するAI”の開発を目指している。

 今回立ち上げたプロジェクトチームの代表は同大学の熊田孝恒教授が務め、専攻長である鹿島久嗣教授も参画。プロジェクトでは“人と協調するAI”が広く社会に受け入れられ、活用されるためのコンセプトの確立を目指す。

 京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻 熊田孝恒教授は「ホンダの創造性や技術力、HRIの研究開発力に大いに期待をしています。AIの新しいコンセプトを作り出し、世の中に発信していくことは、我々、アカデミアの人間にとっても大変に魅力的です。また、この機会に、新しい産学連携のあり方も模索できればと考えています」とコメント。

 ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン 代表取締役社長の辻野広司氏は「京都大学 大学院の知能情報学専攻は、人間の情報処理の解明から、理論構築、知能情報処理にわたるトップクラスの研究者を擁しており、HRIは長年にわたり、共同で研究を行ってきました。このたび始まるプロジェクトを通じて、新たな知能研究を提案していきたいと思います」とコメントしている。

 

ホンダのAI(人工知能)を搭載したEVコミューターのコンセプトカー「NeuV」

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1057346.html

 

 

 

 

 

 

 

<PR>★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オンラインセレクトショップ宮古島の風

宮古島に初めて訪れて以来、すっかり魅了されてしまいました。

そんな宮古島のことを知ってもらいたくて、2011年オンラインショップをはじめました。

ここではおススメの逸品をご紹介しています。

 

★おススメ

宮古島・楽園の果実 有機パッションフルーツ(1箱7〜10個入り)

来間島の有名なカフェ「楽園の果実」では、「安心・安全な農作物を育てたい」との強い想いから、“有機農法”によるパッションフルーツ栽培に取り組まれています。初夏のフルーツをお試しください。

お届けは5月中旬〜6月中旬の予定です。

 

ダイエット効果で話題の伊良部島産有機栽培シモン茶(3g×20パック)×3個セット

シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。また、レシチンを多く含みます。レシチンは、体内の余分な中性脂肪を分解し排出する効果があります。

 

このほか、マンゴージャムやパウンドケーキなど宮古島の特産品を簿紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

| 次世代モビリティ | 03:31 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】時速1000km超の新交通機関Hyperloop、初の密閉テストコースを完成

されていると、Hyperloop Oneの共同創設者Josh Giegelは語っていました。しかし、テストコースの完成によって実際の環境に近い実地試験を行えるため、残る問題の解決速度も早まると考えられます。

Hyperloop Oneはすでにドバイでの商用路線の建設を計画していますが、今回はテストコースの発表とともに米国内での路線建設の計画も明らかにしています。

発表された計画は11路線にのぼり、マサチューセッツ州ボストンからロードアイランド州プロビデンスに至る64マイル(約102km)の短いルートから、ワイオミング州シャイアン〜テキサス州ヒューストン間約1102マイル(約1773km)という長距離路線までを含みます。

 

後者、約1773kmのルートをHyperloopで移動した場合、自動車ならおよそ17時間を要するところを約1時間15分、速度約658mph(約1058km/h)で移動できるとのこと。

この速度は当初Hyperloopの最高速度とされていた750mphよりも低いものですが、これは地形やその他の理由で発生する加速減速停止状況を踏まえたため。とはいえ、それでもかなり高速と言って良い速度です。

ちなみに、もし中間に駅などを置いたりすれば実際の速度は658mphよりも大幅に低速になると考えられます。Hyperloopが実現するまでの間には、より現実的な速度に落ち着いていくのかもしれません。

http://japanese.engadget.com/2017/04/07/1000km-hyperloop-11/

JUGEMテーマ:マーケティング

 

 

 

 

<PR>★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オンラインセレクトショップ宮古島の風

宮古島に初めて訪れて以来、すっかり魅了されてしまいました。

宮古島のことを知ってもらいたくて、2011年オンラインショップをはじめました。

 

★おススメ

宮古島・楽園の果実 有機パッションフルーツ(1箱7〜10個入り)

来間島の有名なカフェ「楽園の果実」では、「安心・安全な農作物を育てたい」との強い想いから、“有機農法”によるパッションフルーツ栽培に取り組まれています。初夏のフルーツをお試しください。

お届けは5月中旬〜6月中旬の予定です。

 

 

ダイエット効果で話題の伊良部島産有機栽培シモン茶(3g×20パック)×3個セット

シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。また、レシチンを多く含みます。レシチンは、体内の余分な中性脂肪を分解し排出する効果があります。

 

このほか、マンゴージャムやパウンドケーキなど宮古島の特産品を簿紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

| 次世代モビリティ | 12:06 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】自動運転で世界連合 トヨタ・VWなど27社

自動運転の実用化を進める世界連合が発足する。ダボス会議を開く世界経済フォーラム(WEF)が呼びかけ、自動車やIT(情報技術)、保険などグローバル企業27社が参加。今月中に米国で実証実験を始め、自動運転の技術区分に即して安全規格や運転ルールづくりを話し合う。自動運転を巡っては異業種連携が進むが、民間の大規模な連携で自動運転の普及を先導する。

実証実験に参加するのは27社。WEFの担当者は「ここまで大規模にグローバル企業が連携するのは初めて」とする。自動車関連企業だけでトヨタ自動車や日産自動車、ゼネラル・モーターズ、フォルクスワーゲン(VW)、BMW、現代自動車、ボルボ・カーなど12社が参加する。

 保険では日本のSOMPOホールディングスや米リバティ・ミューチュアル・グループなど、IT関連でスウェーデンのエリクソン、米クアルコムなどが参加。配車サービスの米ウーバーテクノロジーズや物流の米UPSなども合流する。スウェーデンとシンガポール政府も議論に加わる予定で、欧州全域やアジアにも影響が及びそうだ。

 WEFは5月に作業部会を設立し、自動運転を生かした未来の社会像を議論してきた。12月からは米国で本格的な実証実験を開始。ルノーとマサチューセッツ工科大(MIT)から派生した自動運転のベンチャー企業、ニュートノミーが米ボストンの工業団地で自動運転車を走らせる。

 渋滞緩和や安全に関するデータを共有するほか、鉄道など他の交通機関への影響、損害保険など社会インフラの整備なども議論する。2カ月に1度の頻度で会議を開くほか、電話協議なども通じて意見を集約。毎年1月に開く年次総会(ダボス会議)などの会合で成果を公表する。

 多くの有力企業の参加で今回の議論が世界共通の制度や基準になる可能性がある。ただ米電気自動車(EV)メーカーのテスラモーターズなどは不参加。同じく参加しない米グーグルや米フォード・モーターなどは4月に自動運転の開発で連携しており、技術開発やルールづくりの先陣争いは激しくなっている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC10H06_Y6A211C1MM8000/

 

 

★★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★

メリークリスマス です

南国沖縄宮古島にもこんなツリーがあります。

 

今年も残すところあと1週間。

毎年お届けしている沖縄宮古島の美しい景色を収めたカレンダー。

残りわずかです。

お早めにご利用ください。

 

 

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用) ※送料割引中
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上) ※送料割引中
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 次世代モビリティ | 10:05 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】Hyperloop One、初のハイパーループシステムをUAEに建設へ

Hyperloop One(H1)とアラブ首長国連邦(UAE)は、初のハイパーループシステムの建設を目の前にしている。H1は今日(米国時間11/8)、初の商用ハイパーループ輸送システムをドバイ−アブダビ間に建設することを発表した。

運行距離は99マイル(159.4 km)で通常車で約2時間かかるところをハイパーループならわずか12分で行けるとH1は約束した。

H1はドバイ道路交通局(RTA)と協力して、このシステムをドバイ大都市圏やUAE全土に建設する可能性を検証する。この他同社は次期開発計画として、来年始めにネバダ砂漠でフルスケールのプロトタイプをテストする”Kitty Hawk” プロジェクトの準備も進めている。

これは同社がドバイで進めている次期開発段階の一環でもある。今年8月H1の共同ファウンダー、Shervin Pishevarは最初のハイパーループを海外に建設することを示唆しており、また10月に同社は、世界第3位の港湾運用会社であるドバイのDP World Groupから5000万ドルから資金提供を受け、同国と世界を通じて貨物を輸送するハイパーループシステムを建設すると発表した。

 

発表の中でH1は、ドバイからアブダビまで乗客を運ぶ無人輸送システムのポータルとポッド(車両)のデザイン構想を披露した。

Hyperloop OneはMcKinseyおよび設計技術会社のBIGと協力して、UAEに旅客輸送システムを構築するコンセプトを評価する。

H1がの描いている夢は以下のビデオで見ることができる。

https://youtu.be/fze5spdN3nU

[原文へ]

 

http://jp.techcrunch.com/2016/11/09/20161108hyperloop-one-will-build-the-first-hyperloop-system-to-go-from-dubai-to-abu-dhabi-in-twelve-minutes/

 

 

 

 

 

★★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★

 

無料で渡れる日本最長の橋、伊良部大橋が昨年開通した宮古島。

旅行雑誌やTV番組などで取り上げられ、さらにアジアからのクルーズ船の寄港が増え、

観光客の人気が高まっている宮古島です。

こちらのショップでは、宮古島の産品やスイーツなどをご紹介しています。

 

宮古島ファンの定番★2017年宮古島カレンダー入荷しました。

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 


 

美ら島宮古 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上)
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

 

http://miyakonokaze.com

| 次世代モビリティ | 23:45 | - | - | pookmark |
【次世代モビリティ】BMWの燃料電池技術  トヨタとの提携は世界標準の構築がねらい

 

BMWとトヨタは燃料電池システムなどの次世代環境車の開発で提携を結んでいる。多くの開発投資を必要とする次世代技術の開発は、自動車メーカーが単独で進めるのは難しく、ほかにもGMとホンダ、ダイムラーとルノー・日産など、いろいろな提携が結ばれている。

BMW
は以前、水素を直接エンジン内で燃やす方式の研究開発を進めていた。『7シリーズ』の水素エンジン車に、当時は筑波にあった日本自動車研究所のテストコースで試乗したことを覚えているが、ガソリン車と変わらない走りを実現するパフォーマンスに優れたクルマだった。マツダの水素ロータリーと双へきを成す研究開発だったといえる。

 

ただ、エンジン内で水素を燃やすのは、水素を使って発電する燃料電池車に比べるとエネルギー効率が低く、航続距離を伸ばすことが難しいことなどから、BMWも今では完全に燃料電池車に絞って開発を進めている。

マツダも同様に水素ロータリーの研究は中止したようで、水素の“直(じか)炊き”方式は自動車用としては無理があることが証明された形である。

BMW
とトヨタによる燃料電池の研究開発では、トヨタの方がかなり進んでいるようで、今回公開されたBMWのプロトタイプ車にはトヨタ製の燃料電池スタックが搭載されていた。

トヨタにしても、あるいは同様に燃料電池車の販売を始めたホンダにしても、燃料電池スタックの生産技術の確立については相当に苦労しているようだが、BMWはこの点では更に後れをとっているため、当面はトヨタ製の燃料電池スタックに頼った開発になるようだ。

それぞれにクルマ作りを進める中で、成功事例となる良いアイデアが生まれるとか、あるいは逆に課題となる点などが出てきたなら、その情報を積極的に交換し、燃料電池技術を進化させていこうとするのが提携関係の基本にある。

BMWとトヨタが提携関係の中で進めるのは、直接的な燃料電池車関係の技術開発だけにとどまらない。水素エネルギーシステムの開発や水素インフラの確立を図り、燃料電池技術において業界のスタンダード構築しようとするのも大きなポイントである。

BMWもトヨタも自動車メーカーなのでエネルギー業界に参入しようとは考えていないが、エネルギー業界や政府、国際機関などとも連携し、水素インフラに関する世界標準を構築することは目指している。それを確立できたなら、今後の燃料電池車の推進においてますます有利になる。日欧の有力なプレーヤーが手を結んだ意味はそこにある。

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20160927-10252259-carview/?mode=full

 

***********************************

トヨタ、BMWと燃料電池車を共同開発 次世代電池も

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD240JN_U3A120C1TJ2000/

 

 

 

★★★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★


無料で渡れる日本最長の橋、伊良部大橋が昨年開通した宮古島。

旅行雑誌やTV番組などで取り上げられ、さらにアジアからのクルーズ船の寄港が増え、

観光客の人気が高まっている宮古島です。

こちらのショップでは、宮古島の産品やスイーツなどをご紹介しています。

 

宮古島ファンの定番★2017年宮古島カレンダー入荷しました。

 

美ら島宮古 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上)
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット 伊良部島産の有機栽培茶

農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 次世代モビリティ | 02:27 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

★おすすめ!

ブログランキング

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH