【商業サービス】米国発どピンク紅茶店は究極のインスタ映え?

紅茶といえば、伝統的な味やリラックス効果があるなどの印象を持っている人が多いだろう。だが米国ロサンゼルスでは、そんな紅茶のイメージを「革新的」「モダン」なイメージに変えたといわれるティーブランド「ALFRED TEA ROOM(以下、アルフレッド ティー ルーム)」が、セレブやインスタグラマーを中心に人気を集めているという。そのアルフレッド ティー ルームが、日本に初上陸。2017年10月31日、青山本店とルミネエスト新宿店の2店が同時オープンした。

 同店の海外進出は今回が初めて。国内外で100以上のカフェやレストラン、ホテルなどを運営するカフェ・カンパニーの楠本修二郎社長が、出張でロサンゼルスを訪れた際に同店を知り、日本への出店をオファーしたという。ドリンクメニューの開発は、カフェ・カンパニーが手がけるティーサロン「LUVOND TEA SALON」(GINZA SIXの銀座大食堂内)店主でティーマイスターの伊藤孝志氏。さらに、日本初ヴィーガンスイーツ専門店「hal cafe 229」のオーナーパティシエなどの経験を持つ岡田春生氏が監修する、100%植物性のグルテンフリースイーツなども販売する。

 米国に新たなティーカルチャーを作ったといわれるアルフレッド ティー ルームとはいったいどんな店なのだろうか。

ピンクの紅茶にびっくり

 旗艦店であるアルフレッド ティー ルーム青山本店は、青山通りの複合商業施設「ラポルト青山」の1階と2階。「ピエール・エルメ・パリ」と同じビル、と説明すると分かる人もいるだろう。隣には「エルカフェ 青山店」があり、感度が高い人に人気の飲食店が集まっていることで知られるビルだ。路地裏なので少し分かりにくいが、それがかえって隠れ家感を演出している。

 ロサンゼルス本店の人気ナンバーワンメニューで、「ピンク」の通称で知られる「アルフレッドピンクドリンク」(750円)を飲んでみた。見た目は甘そうだが意外にさっぱりしていて、イチゴだけではない複雑な風味がある。オリジナルのハウスブレンドミルクティーをベースに、ビーツで着色してピンク色にしているという。さらに、ストロベリー・シロップとバニラシロップ、シナモンで甘味と香りを付け、ボバ(タピオカ)を入れているとのこと。厳選した紅茶がベースなら、いろいろと盛るのはもったいない、と思う筆者は、古い紅茶のイメージにとらわれすぎなのだろうか。

紅茶ビジネスにはテンプレートがなかった

 米国のアルフレッド ティー ルームは、2016年5月にロサンゼルスのトレンド発信地といわれているメルローズプレイスにオープンした。アルフレッド ティー ルームの創業者でデザイン担当のジョシュア・ザッド氏は「もともと同じ通りでコーヒー店を経営していたが、コーヒーと同様に紅茶メニューも人気だったことから、紅茶だけのブランドを立ち上げた」と説明する。

 「コーヒーのビジネスにはテンプレートが存在するが、紅茶にはまだない。そこに挑戦の面白さを感じた」(ザッド氏)。ビバレッジディレクターのジョーダン・ジー・ハーディン氏は「紅茶にはもっと楽しさ、ワクワク感を出せるのではないか。それがティーのテンプレートになり得る予感がした」と話す。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1019373/110900110/?n_cid=nbptrn_mled_d&rt=nocnt

 

 

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

東洋一ともいわれる白砂とエメラルドグリーンが生み出す美しい与那覇前浜、自然が作り出したドーム状の景観が印象的な砂山ビーチなど、宮古島には感動するほどの美しい海が多数存在しています。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーをご紹介しています。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 10:43 | - | - | pookmark |
【商業サービス】NY人気ステーキハウス上陸 「エンパイアステーキハウス」の実力

 世界的に有名なレストランガイド『ザガット・サーベイ』に6年連続で掲載され、“ステーキの聖地”といわれるニューヨークで今最も勢いがあるといわれている「エンパイアステーキハウス」。その日本1号店が2017年10月17日、東京・六本木にオープンした。同店は産地直送黒毛和牛一頭買いの肉店「Beef Garden」、肉バル「Salt」などを運営するTFM(静岡県藤枝市)が運営する。

 すぐ近くの六本木五丁目交差点周辺には「ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店」(2014年2月オープン)「ベンジャミン ステーキハウス六本木」(2017年6月オープン)というニューヨークの人気ステーキハウス2店がすでに出店している。しかもオーナーはいずれも伝説的なステーキハウス「ピータールーガー」出身。その3店がくしくも遠く離れた東京の六本木交差点徒歩3分圏内に店を構えているのだ。

 なぜ、ニューヨークの人気ステーキハウスがこぞって六本木に出店しているのか。そしてどれくらいの価格帯で、どのような料理を提供するのか。

2017年10月17日にオープンした「エンパイアステーキハウスロッポンギ」(東京都港区六本木6-7-11)

赤身肉なのに、ナイフの重みだけで切れる

 エンパイアステーキがあるのは、六本木交差点アマンド横の芋洗坂を下った三差路。「カンデオホテルズ東京六本木」(詳しくは後述)1階にあり、赤をアクセントカラーに用いた高級感のあるエントランスがひときわ目をひく。入口を入るとバーカウンターがあり、右手に100席ほどのホール、その奥が個室だ。ステーキハウスというと重厚感があり、男性的でクラシックなイメージのインテリアが多いなか、同店は1930年代にオペラハウスだった建物を改装したニューヨークのイースト店のイメージに近づけているとのことで、アールデコ調の華やかなイメージだ。

 ニューヨークスタイルと呼ばれるステーキの特色は、上から高温の直火が当たる専用オーブンで焼き上げること。900度以上の高温になる特注オーブンで一気に焼き上げているため表面が香ばしく、中はジューシーに仕上がる。

 同店の自慢は、USDA(米国農務省)格付け最高位のプライムグレードのブラックアンガスビーフを、冷凍ではなくチルド状態で輸入していること。その最高級グレードの牛肉を専用熟成庫で21〜30日間ドライエイジングし、うまみが最高潮に達したタイミングで厚切りにカットして焼き上げるという。

 人気のステーキメニュー「プライム ポーターハウス ステーキ」は、フィレとサーロインの両方が一度に味わえる「Tボーンステーキ」のなかでも、フィレが全体の3分の1以上を占めるもの。しっとりした繊細な肉質のフィレと脂がのった肉のうまみたっぷりのサーロインの両方を味わえるので、ボリュームが多くても食べ飽きない。皿の上にたまった肉汁をかけながら食べると、ソースなどいらないくらい濃厚なうまみが感じられた。

 同店でしか食べられないオリジナルメニュー「エンペラーステーキ」は、牛1頭から600〜800g(1〜2皿分)しかとれない希少部位にして最上位部位のシャトーブリアンとサーロインが同時に味わえる。シャトーブリアンは脂がほとんどない赤身肉で、味わいは意外にあっさり淡泊。ナイフの重みだけでカットできるほどの軟らかさに驚いた。

 

 日本ではステーキハウス=高級店のイメージが強いが、ニューヨークでは家族や仲間内でちょっと奮発して食事を楽しみたいときに行くのがステーキハウスだそうだ。「日本でも肩肘張らずに楽しめる“ステーキハウス文化”を広めていきたい。だから上品すぎるイメージの銀座や丸の内ではなく、カジュアルでエネルギッシュな六本木を選んだ」(同店を運営するTFMの小柳津競介社長)。

 また、六本木には多くのステーキハウスがあるが、近隣に競合店が多いことは必ずしもマイナスにならないという。「同じ『ピータールーガー』出身でも、それぞれの店で肉や熟成方法、焼き方が違うし、店の雰囲気も異なる。消費者にとって多くの選択肢があることがプラスに働き、ステーキ文化が日本により浸透していくと思う」(小柳津社長)。

 

 

欧米人観光客の多いホテルとのシナジー効果にも期待!?

 さらに同店の特徴は、外国人宿泊客が見込める「カンデオホテルズ東京六本木」の1階にあることだ(関連記事:ホテル業界の異端児がUSJ公式ホテル参入)。

 2017年7月に開業した「カンデオホテルズ大阪なんば」はアジアからの観光客がほとんどを占めているのに対し、東京六本木では欧米からの予約が多いという。「東京六本木の顧客構成のうち約50%は日本のビジネス客・観光目的の宿泊客で、残り約50%が欧米とアジアからの訪日観光客と見ている」(カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントの倉地恵太取締役)。

 カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントの穂積輝明会長兼社長は、「欧米人に人気の高いエンパイアステーキハウスが1階に出店していることは当ホテルにとっても大きなメリット」とと、エンパイアステーキハウスの集客効果に大きな期待を寄せていた。

(文/桑原恵美子)

 

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1019373/102000106/

 

 

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

東洋一ともいわれる白砂とエメラルドグリーンが生み出す美しい与那覇前浜、自然が作り出したドーム状の景観が印象的な砂山ビーチなど、宮古島には感動するほどの美しい海が多数存在しています。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーが、入荷しました。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

宮古 海日和 2018年カレンダー (卓上) ←こちら

卓上サイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

 

| 商業サービス | 11:20 | - | - | pookmark |
【商業サービス】東京駅、「グランスタ」第4期エリア開業 茅乃舎とイータリーが同時出店

 2017年8月30日、JR東日本グループの鉄道会館が手がける東京駅構内の商業施設「グランスタ」「グランスタ丸の内」の第4期エリアが開業した。2016年7月から順次開発を進めていたが、今回9店舗のオープンによって、グランドオープン。(関連記事:「鉄ちゃんも喜ぶ“東京駅限定文房具”、スタンプが充実」)。改札内「グランスタ」の新エリアと、改札外の新施設「グランスタ丸の内」を合わせて全55店舗、売り場面積は約3600平米となった。

 今回オープンした9店舗は、丸の内地下中央口改札外に南北にまたがっている。北側エリア(改札を出て右手)には、広さ約450平米、席数約110席の「EATALY グランスタ丸の内店」(以下、イータリー)と、全国21店舗の中で最大規模となる「茅乃舎 東京駅店(グランスタ丸の内)」(以下、茅乃舎)が出店。一方、南側エリア(改札を出て左手)には、小規模ながらユニークな店舗が集結。全国初登場ブランドのパッタイ(タイの焼きそば)専門店「マンゴツリーキッチン “パッタイ”」(以下、パッタイ)、都内の人気ベーカリーのパンを集めたカフェ「GARDEN HOUSE CAFE」(以下、ガーデンハウス カフェ)がオープンした。

 鉄道会館の井上進社長は、新エリアのコンセプトを「広がる東京駅時間」と説明。「グランスタはもともと、食物販や飲食が主流のスポットだった。だが、これまでの東京駅にはなかった新しい時間の過ごし方を提案するため、第1期増床では雑貨を、第2期増床ではサービスを中心に展開した。第4期ではレストランを中心に、改めて食を追求している」(井上社長)。

 JR東京駅丸の内地下口中央改札は1日に平均約12万人が通行し、休日には観光客でにぎわうポイントだ。オープン直前の内覧会で9店をチェックした。

ライブ感あふれる「EATALY グランスタ丸の内店」

 オープンと同時に人気スポットになりそうなのが、「イータリー」だ。売り場の広さもさることながら、驚かされるのがそのライブ感だ。

 ガラス張りの「生パスタラボ」では、目の前でパスタを打つ様子を見ながら、できたての生パスタを店内で食べられる。他にも、注文ごとにクリームを詰めて販売するシチリアの伝統菓子カンノーリや、コーヒー&バールスタンド、ジェラートスタンドがあり、まるでイタリアの市場にいるようだ。イタリアで人気のクラフトビールや、自社ワイナリーを中心としたワインのコーナーもあるが、近隣の日本橋三越店など、イータリーに足を運んだことがある人にとっては、食料品の扱いが少ない印象を受けるかもしれない。

 今回、実演と飲食が中心の店舗にしたのには理由がある。イータリー・アジア・パシフィックの甕(もたい)浩人社長は、2008年に日本1号店としてオープンし、2014年3月に閉店した「イータリー代官山」について、「豊富な商品バリエーションを売りにしていたが、調理方法が分からないため購入に至らない場合が多かった」と説明する。(関連記事:「イタリア食材専門店「イータリー」が日本上陸、“食育フードマーケット”とは」。そこで、実際に目の前で作るプロセスを見せながら食べられるようにすることで、イタリアの食材の魅力を知ってもらいたいと考えた。

 

“ライトな手土産”に特化した「茅乃舎」

 全国で21店舗目の出店となる茅乃舎は、これまで最大規模だったミッドタウン店(約211平米)よりさらに広い約280平米(関連記事:「東京ミッドタウン、大リニューアルで“地方発信型ショップ”に!?」)。そして初のエキナカ(駅構内)出店となる。

 初のエキナカ、しかも巨大ターミナル駅という立地から、同店では手土産需要に着目。「時間をかけずに買える、手軽でカジュアルな手みやげ」3シリーズを開発し、東京店限定商品として販売する。そのひとつが「1袋だし」。1袋にだしパックが1つ入っており、自由に組み合わせられる。だしとレシピをセットにした「お料理だし箱シリーズ」は、作りたい料理から選ぶスタイル。米菓の専門店「赤坂柿山」とコラボしたおかきシリーズも東京駅店限定だ。

 店舗入り口には、味見してすぐに購入できる「対面だしスタンド」があり、日常使いのギフトを手早く決めて購入したい、多忙な人に喜ばれそうだ。ミッドタウン店に続き、店内に飲食スペース「汁や グランスタ丸の内店」を併設しており、博多雑煮や九州の豚汁などを提供する。

手土産の穴場は、南側エリアにある!?

 北側エリアの2店舗に対し、やや手狭な店が多い南側エリア。だが、手土産の穴場ともいえるユニークな店舗がそろっている。ベーカリーカフェ「ガーデンハウス カフェ」は鎌倉で人気のレストラン「ガーデンハウス」の新業態。「ログロード代官山」でも大人気の姉妹店ベーカリー「ガーデンハウス クラフツ」のパンだけでなく、都内の人気ベーカリー10店舗のパンが買える「パンのセレクトショップ」だ。人気ベーカリーを代表するパンがそろうとあって、パン好きには感涙ものの立ち寄りスポットになるだろう。パン好きへのお土産としても喜ばれそうだ。

 全国初登場という、パッタイ(タイの焼きそば)専門店「パッタイ」は、タイ料理店マンゴツリーの6店舗目となる姉妹店。日本のタイ料理店で提供されるパッタイは一般的に乾麺が使われているが、同店ではマンゴツリーが提携工場と開発したオリジナル生米麺「クイッティオ」の焼きそばが食べられる。生の米麺のモチモチとした食感は新鮮。モーニングからタイ料理が食べられ、テイクアウトも充実しているので、気軽にタイ料理が食べられるのもうれしい。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1019373/083000100/

 

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

先日の台風18号は、宮古島に大きな被害をもたらしましたが、着実に回復を遂げています。

海水温の上昇による珊瑚の白化が問題となっていた沖縄地方にとって、

台風の接近は海水温を下げる効果があり、美しい海を保つためにも必要な気象現象なのです。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーが、入荷しました。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

宮古 海日和 2018年カレンダー (卓上) ←こちら

卓上サイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 10:23 | - | - | pookmark |
【商業サービス】パルコ進出で上野御徒町の“若返り”図る

J.フロントリテイリングと大丸松坂屋百貨店、パルコの3社は9月14日、建て替えを進めていた東京・上野の松坂屋上野店南館跡地で新たに複合商業施設「上野フロンティアタワー」を11月4日にオープンすることを発表した。既存の松坂屋上野店本館や周辺店舗などと連携し、下町文化の発信を目指す。

建物は、地下2階・地上23階建て、延べ面積は約4万1000m2に及ぶ。高さは117mで、高層ビルの少ない上野御徒町エリアではひときわ目立っており存在感を放つ。設計は三菱地所設計、施工は竹中工務店が手掛けた。建て替えに要した事業費は約152億円に上る。

 敷地は既存の松坂屋上野店本館に隣接しており、建物の地下1階には本館とつながる「松坂屋上野店」が入る。地上1〜6階の延べ面積約8200m2にはパルコの新ブランド「PARCO_ya(パルコヤ)」、7〜10階は「TOHOシネマズ 上野」、高層部の12〜22階は賃貸オフィスが入る。

 上野フロンティアタワーはJ.フロントリテイリングが2012年にパルコを子会社化して以来、百貨店事業とパルコが連携した初めての試みとなる。同エリアになかった新しいコンテンツを導入することで、家族や友人同士など若い世代を取り込み、街全体の“若返り”を図る狙いがある。

 「再開発で百貨店にする選択肢もあった。しかし、将来を見据えたときに、過去のやり方を踏襲して地域や顧客が喜ぶだろうか。マーケティングの原点に立って、上野エリアにまだ潤沢なマーケットが眠っていることを考慮し、パルコを取り込むことでターゲット層を拡大することとした」と、J.フロントリテイリングの山本良一社長は語る。

新屋号「PARCO_ya」、2割は地元企業

 パルコにとって上野フロンティアタワーは、1973年にオープンした「渋谷PARCO」以来、44年ぶりの東京23区内の新店舗出店。上野には初上陸となる。

 これまでのパルコが対象としてきた顧客層は主に20〜30代だ。しかし、新ブランド「PARCO_ya(パルコヤ)」では、団塊ジュニア世代を中心とした30〜50代を対象とし、平日は銀座や丸の内エリアなどに流出している近隣居住者とオフィスワーカー、週末は家族などの来街者や、観光客などインバウンド需要の獲得を狙う。

 全68店舗中、約2割は地元ゆかりの企業が入り、残りの約8割は上野初登場だ。「この地域で活躍している老舗、伝統企業と言われる1社1社と話しながら各フロアをつくった。上野の街に思いがある地元ゆかりの11社と取り組むことができたのも大きな要素だ」とパルコの牧山浩三社長は話す。

 また、パルコは今回のパルコヤのほか、渋谷PARCO(19年度開業予定)、JR錦糸町駅前に近接する商業施設の一部への出店(18年度下半期開業予定)など、複合型ビルの建設を進めている。

 さらに牧山社長は他のパルコとの差別化について、「渋谷をはじめ、パルコは時代の最先端として文化を育ててきた。しかし、上野にはすでに本物の文化があるので、さらに上野の街が成熟するための火付け役になることが我々の使命だと思っている」と語る。

7〜10階に入る「TOHOシネマズ 上野」は8スクリーン、約1400席の規模だ。「昭和20年代後半、松坂屋は松坂シネマズという映画館を経営しており、かつてこの地には多数の映画館が点在していたが、ここ数年は映画館の空白地帯となっていた。その場所に60年ぶりに街のにぎわいに不可欠な待望の映画館が帰ってくる」と大丸松坂屋百貨店の好本達也社長。

眺望と値ごろな賃料で都心ビルと差別化

 12〜22階は、延べ面積約1万1700m2に及ぶオフィスフロアとなる。1000人以上のオフィスワーカーをこの街に呼び込む考えだ。高層階にあるので、窓からは上野公園やスカイツリー、天気の良い日には富士山も望める。

 「港区など都心と比べて賃料は低いうえに、素晴らしい眺望が強み。見学に来ると、借りたいと即決する企業が多い」と大丸松坂屋百貨店不動産事部の齊藤孝明マネジャー。オフィスフロアは既に満室という。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldnews/15/092201639/

 

 

 

 

★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風からのご案内★★★

直行便の新規就航やクルーズ船の寄港増などの効果により、観光客が急増する沖縄宮古島。

先日の台風18号は、宮古島に大きな被害をもたらしましたが、着実に回復を遂げています。

海水温の上昇による珊瑚の白化が問題となっていた沖縄地方にとって、

台風の接近は海水温を下げる効果があり、美しい海を保つためにも必要な気象現象なのです。

 

そんな宮古島の美しい風景を収めた2018年カレンダーが、入荷しました。

宮古島在住の2人のカメラマンが捉えた宮古島の中から厳選して、カレンダーとしてお届けしています。

なかなか気軽に訪れることができない沖縄宮古島の風景を、あなたの暮らしにお届けします。

 

美ら島宮古 2018年カレンダー (壁かけ用)  ←こちら

沖縄宮古島ファンの定番!
宮古島在住の写真家・上西重行氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

宮古 海日和 2018年カレンダー (卓上) ←こちら

卓上サイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

  

 

カギスマミヤコジマ 2018年カレンダー(壁かけ用) ←こちら

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

失われつつある風景を守っていきたいという想いをかなえるために、写真を撮り続けています。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット ←こちら

驚異的な食物繊維と豊富な栄養価が、ダイエットや美肌効果に良いとTV番組で取り上げられ注目を集めたシモン茶。農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。

 

この他、宮古島の逸品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 12:01 | - | - | pookmark |
【商業サービス】“高値”の花、豪華寝台列車がブームだけれど 手が届く絶景の鉄旅

 

日本海の海岸線を走る快速「リゾートしらかみ」号。日中も良いが夕景はまさに絶景だ=

青森県の五能線・追良瀬(おいらせ)−驫木(とどろき)駅間で、村上悠太さん撮影

 

 「ななつ星in九州」「トランスイート四季島」「トワイライトエクスプレス瑞風」−−JR各社の豪華寝台列車が話題だ。しかしそのお値段、1泊数十万円からと、なかなか手が届かない。何とかお安く車窓の絶景が楽しめる列車はないものか。【小松やしほ】

 

肥薩線 どこまでも川と一緒

 「山陰や四国、九州にはいい鉄道風景がたくさん残っていますよ」。そう教えてくれたのは鉄道写真家の村上悠太さんだ。交通新聞社発行の鉄道専門誌「鉄道ダイヤ情報」に連載を持つプロがまず挙げた絶景路線は因美線。鳥取市から岡山県津山市を結ぶ路線だ。

 その魅力は「家並みと駅舎の美しさ」。なかでも一押しは土師(はじ)−那岐(なぎ)駅間(鳥取県)の風景だと言う。「まさに古里の原風景のような、里山の景色が広がっています」。さらに岡山県に入った美作(みまさか)河井や知和、美作加茂、美作滝尾の各駅舎のたたずまいは「映画のセットじゃないかと思うほどきれい」。実際、美作滝尾駅は映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」に登場したことでも知られ、国の登録有形文化財にも指定されている。

 村上さんが「因美線と甲乙つけがたい」と言うお薦め路線は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県霧島市の隼人(はやと)駅間を球磨(くま)川沿いに走る肥薩線。「どこまでも川と一緒に走っていく路線で、駅間は川と山。駅ごとにちょんちょんと集落があるのが面白い。川面が霧に覆われたり、水鏡のようになったり、いろいろな表情を見せるので毎回撮れる景色が違う。だから何度も行ってしまうんです」

 肥薩線は、日本三大車窓の一つの「矢岳(やたけ)越え」や、鹿児島県最古の木造駅舎の嘉例川駅など見どころたっぷりだ。

 

五能線 海と岩木山のドラマ

 国内の鉄道の9割に乗車し、「電車の進歩細見」など専門的な著書も多い鉄道ジャーナリストの渡部(わたなべ)史絵さんは、ナンバーワン絶景路線として、秋田県能代市の東能代駅と青森県田舎館村の川部駅を結ぶ五能線を挙げる。「絶景を楽しむためには東能代駅から川部駅方面に乗ってください。東能代駅では大館名物の鶏めし弁当が買えるので、ぜひそれを買って、進行方向左側の座席に座っていただきたいんです」

 東能代駅を出発した列車は米代川を渡る。水田地帯を抜け八森(はちもり)駅を過ぎると、いよいよ左手に日本海の景色が広がる。「この辺りで駅弁を広げて」と渡部さん。東八森から鰺ケ沢(あじがさわ)の手前までは海の景色が約86キロにわたって続く。一つの路線でこれほど連続して海が見えるのは珍しいそうだ。鰺ケ沢を出た列車は内陸部へ。五所川原から川部までは津軽富士とも呼ばれる岩木山が車窓右手に見える。「なぜ東能代からの乗車をお薦めしたか。海の景色でクライマックスを迎えた後、岩木山の壮大な景色で終わる。最後までドラマがあるからです」と渡部さんは熱く語る。

 渡部さんは、長野市の篠ノ井駅から長野県塩尻市の塩尻駅までを結ぶ篠ノ井線も推薦する。「見どころは姨捨(おばすて)駅から見た善光寺平とスイッチバックに尽きます」。スイッチバックとは、急勾配を運行するための折り返し式の鉄道線路をいう。

 ここでのポイントは「先頭車両の左側」に乗ること。「篠ノ井を出た列車が徐々に高度を上げていくので、段々畑の段数が多くなっていく様子がよく分かるんです。右手の上の方に姨捨駅が見えてきたと思ったら、左手に善光寺平の景色がわーっと飛び込んでくる。絶景です。ここでスイッチバックです。電車が後退し姨捨駅に入っていって再び善光寺平が見えます。まるでスローモーションで映画を巻き戻しているかのような感覚。非常に素晴らしい」

 

大井川鉄道 湖上駅が美しい

 女子鉄アナウンサーで、鉄旅フォトライターとしても活躍する久野知美さんはSL運行で有名な静岡県の大井川鉄道を推す。「井川線は日本で唯一アプト式という、歯車をかみ合わせて登る列車に乗れます。ダム湖の上にある奥大井湖上駅が美しい。カップルで鳴らすと幸せになれるという鐘が名物スポットで、女子に人気です」

 高松駅から愛媛県の宇和島駅まで瀬戸内海に沿って走る予讃線の下灘駅も好きだという。「青春18きっぷ」のポスターで有名な人気の駅で、日本一海に近い駅と言われている。久野さんは「夕日が落ちていくのを眺めるのがいい。魅了されること間違いなしです」。

 熱弁を聞くうち、鉄道旅を味わってみたくなった。久野さんが推薦した千葉県の銚子電気鉄道を目指す。

 JR銚子駅の片隅に銚子電鉄の駅舎はあった。青色の車両で出発だ。揺れが心地いい。家並みが途切れたら、新緑の中へ。緑のトンネルを抜けるとキャベツ畑。遠くに海が見えた。このまま列車に揺られていたいと思ったら終点、外川(とかわ)駅に着いた。約20分の鉄道旅。

 ふと「豪華寝台列車もいいけれど、ふらっと乗れる夜行列車がなくなったのは残念」と3人が口々に言っていたのを思い出す。渡部さんはこうも言った。「人は人に会いに旅に出る。おいしい食事を食べたり、景色を楽しんだりするのはもちろんですが、旅で一番心に残るのは人です。豪華さは私にとってそれほど必要ありません」と。

 鉄道ファンが薦める絶景路線。1区間なら100円玉数枚から乗れる。さて、次はどこに行こう。

https://mainichi.jp/articles/20170522/dde/012/040/016000c?fm=mnm

 

******************************

 

JR東西の豪華列車、結局どっちがスゴいのか 価格帯の豊富さは西、予約倍率は東に軍配

http://toyokeizai.net/articles/-/168666

 

 

 

 

<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

宮古島産 有機パッションフルーツ、完熟マンゴー

ただ今、予約受付中!

昨年の伊良部大橋の開通に続き、

外国クルーズ船寄港の増加や本州から直行便の新規就航などが追い風となり

沖縄宮古島は、観光客数が急増しています。

 

離島である宮古島を訪れる観光客は、沖縄本島に比べれば少ないですが、

それゆえ、混雑とは無縁のゆっくりとした島時間の中で、

美しい海の色を堪能できます。

 

沖縄地方は来月梅雨明けを迎え、本格的夏シーズンの到来です。

宮古島の夏の味覚が楽しめるのも、この季節ならではのコト。

初夏の味、パッションフルーツや豊作が予想される完熟マンゴー、

今年も当店でご案内しています。

贈答用に、ご自分へのご褒美に、是非お試しください。

 

宮古島・楽園の果実 有機完熟マンゴー ←ココ

「楽園の果実」の砂川さんは、安心安全な作物を届けたい想いから

“有機農法”によるマンゴー栽培に取り組まれています。

台農、夏小紅、特選品など、、、特に品質にこだわった他では手に入らない

ブランド品種をお届けします。

 

宮古島・山の実マンゴー園の完熟マンゴー「みやこ紅」「秀品」 ←ココ

高級ブランドをまとうにふさわしい糖度、サイズ、色づきを誇る自信作です。

希少かつ他では手に入らない高級完熟マンゴーをお試しください。

 

宮古島・楽園の果実 有機パッションフルーツ ←ココ

 

楽園の果実の砂川さんは、「安心・安全なマンゴーを育てたい」との強い想いから、

“有機農法”によるパッションフルーツ栽培に取り組まれています。初夏のフルーツをお試しください。

 

 

この他、宮古島でみつけた産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 10:48 | - | - | pookmark |
【商業サービス】新施設「渋谷キャスト」 クリエーター支援がコンセプト

2020年に向けて着々と進む東京大改造プロジェクト。そのポイントとして注目されているのが渋谷だ。大改造の最大の目的は、駅周辺の建物によって渋谷と周辺の街をつなぎ、“広域渋谷圏”を作ること。(関連記事「【東京大変貌】渋谷は“大渋谷”になる 」)。その狙いを象徴するかのような新施設「渋谷キャスト」が、2017年4月28日(しぶやの日)にオープンした。

 同施設は、東京都都市整備局による「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)」の第1弾事業。「クリエーターが住み、働き、発信する機能を有した複合施設」だという。場所は明治通りを挟んだ宮下公園の向かいで、“裏渋谷”ブームの発信地であるキャットストリートの入口。渋谷と原宿、青山、表参道という、トレンドスポットが交わる地点だ。

 地下2階、地上16階建てで、グランドフロア(以下、GF)には交流のプラットフォームとして、緑とアートに囲まれた広場を配置。GF、1階には落ち着いた空間を提供するレストランや、キャットストリートの空気感をつなぐセレクトショップ、東急ストアが展開するミニスーパーなど、日々のライフスタイルを彩る店舗が入居。1〜2階はフリーランスや企業人のクリエーターが集まり、交流・連携しながら働けるシェアオフィスがあり、隣接するようにカフェも設置されている。2階〜12階は約400坪の大規模賃貸オフィス、13〜16階は80戸の賃貸住宅だ。

  2017年4月26日に行われたメディア内覧会で、事業主体会社・渋谷宮下町リアルティの西澤信二統括部長は「当施設は創造活動を刺激する空間を作るのが最大の目的。住む人や通う人、訪れる人=キャストが集うことで、新しいアイデアが生まれる舞台にしたい」と抱負を語った。一方、東京急行電鉄の都市創造本部 開発事業部渋谷開発二部の工藤力課長は同施設が都営宮下町アパートの跡地であることに触れ、「緑があふれ、人々のふれあいの場だった土地の記憶を念頭に作った。最大の特色は、建物前面の広場。渋谷キャストに集まるクリエーターと街との接点にしたい」と、クリエーターと地域住民との融和を強調した。

  立地特性を生かし、クリエーターの活動をバックアップすることで渋谷のイメージアップにつなげたい狙いは分かった。だが、はたしてどれだけ楽しめる施設なのか。

 

「渋谷キャスト」(東京都渋谷区渋谷1-23-21)。JR・京王線・東京メトロ・東急線渋谷駅より徒歩1分。敷地面積は約5000平米、延床面積は約3万5000平米、地上16階、地下2階。施設のデザインコンセプトは「不揃いの調和」。形状・機能・素材といった空間の多様な要素が、それぞれの個性を表しながらも共鳴し合い、まとまりのある全体像を織りなすのが狙いだという

 

バブルチックなレストランに驚がく! フードトラックにも注目

  3店舗ある飲食店の中でも際立って目を引くのが、テラス席にずらりとソファが並べられた「リゴレット」。そのさまはまるで、海外の豪華リゾートホテルのよう。リゴレットとしては11店舗目だが、それらのすべてでコンセプトが違う。同店のコンセプトは「グルメな肉屋が作ったリゴレット」とのこと。内装の豪華さに圧倒されつつ2階に上がると、2階奥には巨大な肉が並んだ冷蔵庫(ミートセラー)があり、その隣のオープンキッチンでは大きな肉をさばいている。バブル時代をほうふつとさせる雰囲気は、カジュアルな店が圧倒的に多い渋谷で、新鮮だった。

   同施設を訪れる楽しみになりそうなのが、その時々で変わる広場のフードトラック。今年のゴールデンウイーク期間中は5台出店している。同施設に本社を置くベイクルーズが運営する神南カリーの新業態・スペシャリティーカリースタンド「J.S. CURRY(ジェイエス カリー)」や、フランスパンでソーセージを巻いた「フランスドッグ」、自家製ソースをかけたアイスクリーム、ハワイのドーナツ「マラサダ」のフードトラックなど、個性的なフードが多く、楽しかった。

  驚いたのが、英国で最もファッショナブルなデリカフェといわれ、2016年1月の日本初出店以来、人気を集めている「フランツ アンド エヴァンス ロンドン」のフードトラックが出ていたこと。並んでいる料理も、フードトラックとは思えないメニューで、1000円以下のランチパックも販売予定だという。それを買うためにだけでも、期間中に訪れる価値があるだろう。

 

コンビニサイズの東急ストアもすごかった

  GFの奥にあって目立たないが、同施設にはミニスーパー「東急ストアフードステーション」もある。東急ストアとしては東急文化会館の地下にあった店舗が閉店して以来、14年ぶりの渋谷復活だ。

  広さは195平米と、少し大きめのコンビニ程度。だが「生鮮品は地域の住民が夕食の調理ができる程度にそろえていて、抜けがないようにしている」(東急ストアの山田亮課長)。地域住民向けには生鮮食品を、オフィスワーカー向けにはデリを充実させているほか、街歩きを楽しむ人向けにはワンハンドフードや、から揚げやポテトなどカップに入って持ち歩きできるカップデリなど、渋谷の街を意識したラインアップを展開している。

  敷地内の導線としては、青山方面とつながる貫通通路に加えたほか、商業施設「cocoti(ココチ)」との接続通路を設け、回遊性向上を図っているのもポイント。建物で注目したのは、青山方面とつながる貫通通路の3本の柱に溶け込むように設置された、インスタレーション(場所や空間全体を作品として体験させる芸術表現)「AXYZ(アクシズ)」。映像と音が建築と一体となっていて、時刻、天気、太陽電力の発電量などで、その場のリアルタイム情報を取りこみながら変化していくとのこと。ディスプレーには常設の設備としては日本初となる全天候型3.9mmピッチ仕様のものを採用し、それぞれのディスプレーが一体となる映像演出を実現しているそうで、変化に富んだ映像は見ていて飽きなかった。

  広場を使った体験型アート展示もユニーク。5月7日までは3人の新進作家の作品が展示されているが、特に面白いと思ったのが、“かぶりものアーティスト”ニシハラ★ノリオ氏の作品。実際に手に取って頭にかぶることができるので、SNS映えしそう。「クリエーターと街の接点にしたい」という希望通り、アートに特に関心がない人でも、それなりに楽しめる工夫がされていると感じた。

  もともとこの通りは渋谷と原宿を結ぶ裏動線だったが、2006年に表参道ヒルズが開業したことにより渋谷から表参道にショートカットできる道にもなり、さらにブランド力のあるストリートになっている。「明治通りのこのエリアは1日に約1万人が通るといわれている。街歩きを楽しむ人が多いが、意外に座れる場所が少なかった。この広場には休憩できるベンチがたくさんあるし、Wi‐Fiも利用できるので、出先で仕事をしたいときにも便利。今後は広場で夏祭りを行うなど、地元の方との融和も図っていきたい」(東京急行電鉄 都市創造本部 開発事業部 渋谷開発二部 新屋潤課長補佐)。

 渋谷は2019年以降、南平台プロジェクト、渋谷駅街区東棟、道玄坂一丁目駅前地区、渋谷駅桜丘口地区などが、続々と開業していく予定だ。

 

13階は専用の居住空間に加え、キッチンやリビングダイニングなど居住者同士のコミュニティー活動をサポートする共用スペースがある

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1019373/042800079/?n_cid=nbptrn_mled_d&rt=nocnt

 

<PR>★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オンラインセレクトショップ宮古島の風

宮古島に初めて訪れて以来、すっかり魅了されてしまいました。

そんな宮古島のことを知ってもらいたくて、2011年オンラインショップをはじめました。

ここではおススメの逸品をご紹介しています。

 

★おススメ 

宮古島・楽園の果実 有機パッションフルーツ(1箱7〜10個入り)

来間島の有名なカフェ「楽園の果実」では、「安心・安全な農作物を育てたい」との強い想いから、“有機農法”によるパッションフルーツ栽培に取り組まれています。初夏のフルーツをお試しください。

お届けは5月中旬〜6月中旬の予定です。

 

ダイエット効果で話題の伊良部島産有機栽培シモン茶(3g×20パック)×3個セット

シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。また、レシチンを多く含みます。レシチンは、体内の余分な中性脂肪を分解し排出する効果があります。

 

このほか、マンゴージャムやパウンドケーキなど宮古島の特産品を簿紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

JUGEMテーマ:マーケティング

 

| 商業サービス | 12:00 | - | - | pookmark |
【商業サービス】日産はなぜ「ららぽーと」でクルマを売るのか

「ららぽーと湘南平塚」に出店したディーラーは、日産初のテナント店舗だ(記者撮影)

10月6日に開業したばかりのショッピングモール「ららぽーと湘南平塚」。施設の1階には「モンベル」や「スノーピーク」などアウトドア用品店やフルーツジュースの専門店が並ぶ中、唐突に目に飛び込んでくるのが、車のディーラーだ。ここは日産自動車が新たに設けた販売店である。

 

「車を見てもらうには、ディーラーで座って待っていてはダメ。お客様のいるところに出ていくしかない」

日産が商業施設の中に販売店を開設したのは初めてのこと。同社で国内営業を担当する星野朝子専務執行役員は、自社商品と顧客との接点を増やす必要性を強調する。日産が目指したのは幹線道路沿いにある既存の販売店とは対照的に、買い物のついでに気軽に立ち寄れる「敷居の低い」店だ。

 

敷居の低さでファミリー層を狙う

 

ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」が入口で出迎え、店の奥には子どもが遊べるスペースもある。今後は周囲のアウトドア用品店との共同展示など、大型商業施設のテナントとしての強みを生かす考えだ。

店舗には常時2〜3台の車を置く。運営は地元の販売会社、日産サティオ湘南が担い、3〜4人の販売員が常駐する。既存店の多くは営業時間が夜7時までだが、ここでは入居するららぽーとに合わせて夜9時まで営業し利便性を高めている。

なぜ日産は新たなタイプの店舗をららぽーとに出店したのか。1つには「ららぽーとのターゲット顧客層が日産の顧客層とも重なった」(運営主体の三井不動産)ことが大きい。ららぽーと湘南平塚が狙う20代〜40代は、半径10km圏内の人口のうち4割を占める。

日産側にしても、たとえば新型ミニバンの「セレナ」では発売から1か月の受注で、30代と40代の購入者が全体の6割以上を占めている。主力商品であるミニバンはファミリー層に人気が高く、子育て世代の買い物客が多いららぽーとはうってつけの場所ともいえる。

かねてから日産は、顧客との接点が少なくなっていることに強い危機感を抱いていた。同社の調査では、顧客が新車を購入するまでにディーラーを訪問する回数が平均でわずか2.6回。事前に自動車雑誌やネットで情報を収集する人が多く、販売店をいくつも回るケースは少なくなっている。

 

顧客との接点は自動車業界で共通する悩みだ。そんな中、消費者に近い自動車販売をいち早く具現化したのがトヨタ自動車の販売店だった。

2007年に開業した商業施設「トレッサ横浜」には、「オートモール」という自動車販売店専用のエリアがある。トヨタ系とダイハツ工業のディーラー6社が出店し、それぞれ展示場と整備工場を持つ。展示場と同じフロアにはカフェや書店、アウトドア用品店もあり、買い物の途中で車を気軽に見ることができる。

 

買い物ついでに車の”衝動買い”も

トレッサ横浜の来場者は年間1400万人で、そのうち車の購入・検討が目的なのは1割。裏を返せば9割の人は車でないものが目当てなのだ。それでも「大根を買いに来たついでに、車の契約をしてしまうような究極の衝動買いもある」と、トレッサ横浜を運営するトヨタオートモールクリエイトの栗原郁男常務は話す。3世代で訪れた家族が車を気に入り、祖父母が車の頭金を出して契約するケースも珍しくないという。

新たな顧客の開拓にも一役買っている。栗原氏によれば、一般的なトヨタの販売店では7〜8割がトヨタ車の保有者だが、トレッサ横浜ではその比率が5割まで下がる。つまり他社製の保有者が流れ込みやすくなっているのだ。「トヨタの路面店に行きにくいと思う日産やホンダのユーザーでも、ここでは気軽に見られる」(栗原氏)。

オートモールでは車の買い替え需要の喚起も狙う。栗原氏は「車の保有年数は年々長くなっている。買い替えを促すには、新車に触れる機会を作るしかない」と意気込む。

新車を10年以上保有する人は、今や自動車ユーザーのうち4分の1を占めるまでになった。車の耐久性や性能が上がったともいえるが、自動車メーカーが道路沿いの店舗で「待ち」の販売方法から脱却せず、商品の魅力を十分に伝えきれていなかった面も大きいだろう。

 

こうしたトヨタの例を参考にしたという日産の星野専務も「たとえばトヨタのユーザーが、あえて違うメーカーの車を買おうとするような行動は昔ほど見られない」と分析。他社の顧客を取り込む意味でも、ららぽーとに出店したような敷居の低いテナント型が効果的と見る。

ただ、ららぽーとの店舗では整備ができなかったり、置ける車の台数が少なく試乗に不便だったりと「街角ギャラリー」の域を出てはいない。どのような効果が出てくるかは未知数だ。星野専務も「色々な売り方を試す実験店舗だ。まずここで成功のパターンを見つける」と話す。自動車の販売に新風を吹き込めるか、日産の取り組みに注目が集まる。

http://toyokeizai.net/articles/-/142507

 

*************************************

関東マツダ、11月5日オープンの新ブランド発信・体験拠点「高田馬場店」公開

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1027373.html

 

 

★★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★


無料で渡れる日本最長の橋、伊良部大橋が昨年開通した宮古島。

旅行雑誌やTV番組などで取り上げられ、さらにアジアからのクルーズ船の寄港が増え、

観光客の人気が高まっている宮古島です。

こちらのショップでは、宮古島の産品やスイーツなどをご紹介しています。

 

宮古島ファンの定番★2017年宮古島カレンダー入荷しました。

 

美ら島宮古 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上)
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット 伊良部島産の有機栽培茶

農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 10:25 | - | - | pookmark |
【商業サービス】松坂屋銀座店跡地に年商600億円目指す施設を4月に開業

  J.フロントリテイリングは26日、森ビルなどと共同で進める、松坂屋銀座店跡地の再開発について詳細を発表した。新たな商業施設の名称は「GINZA SIX(ギンザシックス)」で、241のブランドをテナントとして誘致する。Jフロントは、従来の百貨店モデルが制度疲労を起こしていると判断し、競合他社に先駆けて新たな事業モデルの模索を続けてきた。銀座6丁目エリアに登場する新施設は、オフィスと一体になった複合型のショッピングセンター(SC)だ。百貨店とは完全に決別した。今年に入って、百貨店各社による不採算店舗の閉鎖が相次いでおり、Jフロントの戦略は競合他社にも影響を与えそうだ。

 

 「ギンザシックス」は、銀座中央通りに面して、セリーヌやサンローラン、ヴァン クリーフ&アーペルなど6つのラグジュアリーブランドを配置する。それぞれが2〜5層を使った旗艦店が並ぶ形だ。商業施設の全体の面積は4万7000屬閥篋促┘螢∈蚤腓箸覆襦Jフロント傘下の大丸松坂屋百貨店、森ビル、住友商事、仏モエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)が出資する不動産ファンドのL Real Estateの4社が共同出資する会社が、開発・運営にかかわる。年商600億円、来館客数は2000万人を目標とする。

 

 

 

「百貨店はやらないという選択をした」

 Jフロントは、これまでも従来の百貨店のあり方にこだわらない「新百貨店モデル」を推進してきた。自社の百貨店に、ユニクロや東急ハンズ、ヨドバシカメラなどの有力テナントを大胆に誘致してきた。

 

 百貨店業界では伝統的にアパレル企業などと「消化仕入れ」という独特の契約を結んで売り場を構成するのが一般的だ。売り場にある在庫の責任はアパレル側がもち、商品が売れた時点で仕入れたと見なし、売り上げの一定割合を百貨店が手にする。これに対して、SCでは賃貸借契約が一般的。Jフロントは、テナント導入を加速しながら、慣習にとらわれずに、SC型の賃貸借契約を売り場によって増やしてきた。今回のギンザシックスは、こうした流れの上に、脱百貨店へと思い切り振り切った形だ。

 Jフロントの山本良一社長は「経営の視点で言えば、これまで数十年間築き上げたビジネスモデルや成功体験が通じない面が増えてきた。新たな成長を実現するためには、過去の延長線ではなく道無き道を歩んでいかないといけない。銀座では『百貨店はやらない』という決断をした」と話した。

 今年に入って、百貨店業界は厳しさを増している。日本百貨店協会によれば、9月まで全国百貨店の売上高は7カ月連続で前年同月を下回っている。頼みのインバウンド需要は失速しており、旺盛だった富裕層の消費も陰りがみえる。Jフロントの百貨店事業の9月の売上高は7.9%減、傘下でファッションビル運営のパルコも6%減となった。

 今回のギンザシックスには、長らく銀座に掲げてきた「松坂屋」の名前は、残らない。大丸松坂屋百貨店として物販を手がけるのは、2階に開く売り場「SIXIEME GINZA(シジェーム ギンザ)」など一部に限られる。シューズ、バッグ、ジュエリーを中心とした雑貨を販売する予定だ。大丸松坂屋百貨店の好本達也社長は「(銀座において、松坂屋という)名を捨ててもグループ全体で実を取れる」と説明する。「そもそも銀座エリアでの松坂屋の存在感は、以前の店のままでは時代対応もうまくいかず、(百貨店として)3番目の存在だった。それよりも、時代に合った店を作ることで、今度は名古屋や大阪にいる、当社のお客様に銀座に来てもらえるチャンスも広がる」(大丸松坂屋の好本社長)という。

フロア構成も従来の百貨店のスタイルは当然、採用していない。いわゆる「デパ地下」や「婦人服売り場」、「化粧品売り場」といった構成にはしない。山本社長は、この点について「大きな挑戦になる」と語る。「美や健康をトータルで提供するようなビューティーフロアなど、従来とはまったく違う姿になる。ファッションフロアも、従来のようなアイテムや性別の区切りではなく、夫婦や家族で楽しめるような新しい売り場にする」と意気込む。

 

「百貨店アパレル」低い存在感

 ファッションのラインアップを見ても、「百貨店アパレル」と言われてきた大手国内アパレルメーカーのブランドは少ない。オンワード樫山は「JOSEPH(ジョゼフ)」、ライセンス契約の「PAUL SMITH(ポール・スミス)」の2つ。ワールドは「DRESSTERIOR(ドレステリア)」のみだ。対照的に目立つのが海外ブランドだ。

 松坂屋銀座店は2013年6月に営業を終了した。同店の当時の売り上げに比べて、ギンザシックスが目指す年商600億円は圧倒的に大きな規模だ。一方で、賃貸借契約の形態は、大きな利幅が取りにくいビジネスであり、Jフロントの脱百貨店施策の成果は未知数だ。山本社長は、日経ビジネスの2016年1月のインタビューに答えて、こう話していた。

 「確かに婦人服は、粗利益率が高いのですが、従来の高いコスト構造の百貨店のままでいいわけがありません。婦人服が少し縮んでも、他で粗利を稼いでお客様の求めているものが展開できるような、低コストの構造に変わっていく必要があります」

 50年後を考えた結果、行き着いたという「百貨店をやらない」選択。百貨店の「次」を占う上で、試金石になるのは間違いない。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/102600471/?P=2

 

 

 

★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★


無料で渡れる日本最長の橋、伊良部大橋が昨年開通した宮古島。

旅行雑誌やTV番組などで取り上げられ、さらにアジアからのクルーズ船の寄港が増え、

観光客の人気が高まっている宮古島です。

こちらのショップでは、宮古島の産品やスイーツなどをご紹介しています。

 

宮古島ファンの定番★2017年宮古島カレンダー入荷しました。

 

美ら島宮古 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上)
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット 伊良部島産の有機栽培茶

農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 16:34 | - | - | pookmark |
【商業サービス】三越銀座店、鳴り物入り免税店の悲しい現状

東洋経済オンライン 10月8日(土)6時0分配信

 

 

 “爆買いバブル”の減速が、いよいよ深刻化している。



 10
月1日から始まった、中国の国慶節に絡んだ大型連休。今年も多くの中国人が日本へ向けて旅立った。訪日観光客に人気の銀座も、この連休中は多くの観光バスや、キャリーケースを引く観光客が溢れた。



 その一方、三越銀座店の空港型免税店「Japan Duty Free GINZA」は、あまりにも閑散としていた。空港型免税店とは、消費税だけでなく関税や酒税、たばこ税まで免除される免税店。今年1月末に、沖縄県を除く初の店舗として銀座店の8階にオープンした店舗だ。ところが、今や高級ブティックには文字通り人っ子1人おらず、中国人女性に人気の美容家電を販売する特設コーナーでは、商品を手に持った女性販売員が所在なさげに立ち尽くしている。高級感溢れるお酒とタバコの売り場には、1月下旬の開店当初はなかった「じゃがポックル」や「キットカット」などのお菓子が、うず高く積まれていた。

■初年度売り上げは目標の半分未満

 同店の業績は、開業当初から低空飛行を続けている。三越銀座店の免税店を運営する合弁会社の筆頭株主、日本空港ビルデングの発表によると、2〜4月の売上高は、当初計画の35%程度と大幅に未達。直近の7、8月でも大きな改善は見られない。初年度の目標売上高を130億円と掲げていたが、その半分にも到達しない可能性は濃厚だ。

 そもそも、百貨店における免税売上高は、今年4月から直近の8月まで5カ月連続の前年割れが続いている。日本百貨店協会の発表によれば、8月の免税売上高は、前年同月と比べて73%。購買客数は依然として増えているものの、円高の進行や中国政府による関税引き上げの影響をもろに受けて、高級時計や高級ブティックの商品の売れ行きが著しく鈍っているのだ。

 底堅いのは、化粧品やお菓子などの単価が低い商品ばかり。さらに、本国に持ち帰って転売行為をするブローカーによる購入も、「4月以降は目に見えて減ってきた」(三越銀座店の宝飾売り場の販売員)。その結果、百貨店全体で免税品の購買単価は3割程度落ちこんでいる。

 さらに、観光客たちが空港型免税店での買い物に魅力を感じていないという現状もある。「Japan Duty Free GINZA」の場合、店舗の8階という立地の悪さに加え、日本にやってくる中国人が多く利用する関西国際空港や茨城などの地方空港では、買った商品を受け取れないという点がネックとなっている。

日本人客にアプローチ?

 接客面での不満もある。年に数回日本を観光するというある20代の中国人女性はこう語る。「せっかく日本に来たのに、免税店にいるのは中国人の店員ばかり。接客のレベルも日本人に比べると低く、雑な扱いを受けたことがある」「地方の小さなお土産屋さんで、中国語の通じない店員さんと話した方がずっと楽しい」。三越銀座店を含め、都心の大型百貨店では訪日客への対応策として、外国語を話せるスタッフの雇用を増やしているが、良かれと思ってしたことが、かえって裏目に出てしまっているのだ。

 こうした状況を受けて、店舗側も手を打っていないわけではない。「中国現地の代理店にアプローチしたり、売れ筋のお菓子を新たに導入したりしている」(日本空港ビルデング)。

 加えて、目立ったのは日本語の看板だ。「どなたでもご自由にご覧いただけます」――。銀座通り沿いの入り口に掲げられた免税店の広告には、大きな文字で日本語が書かれていた。

 実は、空港型免税店は出国1カ月以内の日本人も利用が可能で、当初計画では4割程度を占めると予想していた。しかし実際は、1割ほどと想定以上に利用者が少なかった。そこで、「日本人にもっと知って欲しい」と、周知を強化しているという。とはいえ、これから出国しようとする日本人にとって、免税店での買い物を空港で荷物として受け取ることがどれだけ魅力があるについては疑問が残る。

■2店目を新宿にオープンか

 こうした厳しい状況にも関わらず、会社側は当初から構想していた2店目の出店を諦めていない。今年1月の銀座店開店当初は、「今年度中に伊勢丹新宿店の周辺に2店目を開業したい」(三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長)と発表していたものの、「今年度に出店するという動きは把握していない」(三越伊勢丹)、と一時はトーンダウン。

 やはり取りやめたのかと思いきや、「来年の4月中には新宿店近くの「パークシティ」(駐車場などがある施設)に免税店を開業する予定だと聞いている」(百貨店業界関係者)ともっぱらのうわさなのだ。

 小売店に詳しいフロンティア・マネジメント代表の松岡真宏氏は、百貨店が訪日客のモノ消費に依存しすぎていることに警鐘を鳴らず。「百貨店での爆買いは終了したといわれているが、むしろこれからが勝負だ。日本人よりも速いスピードで、中国人はモノからコト消費へ移っていく。百貨店は、外商事業などの中で、良い旅行先や旅館を沢山知っているのだから、それを活用しない手はない。日本の人口が減っていく中で、もう終わったものにせずにしっかりとした市場に育てていかなくてはいけない」(松岡氏)。

 現在、日本を訪れる訪日観光客の数は増加し続けている。直近の8月でも、前年同期比を13%も上回る204万人がやってきた。百貨店の国内消費が低迷する今こそ、かれらの購買力を百貨店が取り込むための方策を、今一度抜本的に考え直す時期に来ている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00139498-toyo-bus_all

 

★★★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★


無料で渡れる日本最長の橋、伊良部大橋が昨年開通した宮古島。

旅行雑誌やTV番組などで取り上げられ、さらにアジアからのクルーズ船の寄港が増え、

観光客の人気が高まっている宮古島です。

こちらのショップでは、宮古島の産品やスイーツなどをご紹介しています。

 

宮古島ファンの定番★2017年宮古島カレンダー入荷しました。

 

美ら島宮古 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上)
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット 伊良部島産の有機栽培茶

農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 12:37 | - | - | pookmark |
【商業サービス】ららぽーと湘南平塚/目標年商300億円、店舗面積6万m2に全247店で開業

三井不動産は10月6日、神奈川県平塚市にリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚」を開業する。4日、関係者向け内覧会を開催した。

敷地面積は約8万1300m2、延床面積は約16万6000m2、店舗面積は約6万m2。目標年商は、開業2〜3年後のオープン景気終了後の定常年度で約300億円を計画する。

地元サッカーチームの「湘南ベルマーレ」や日産自動車とのコラボレーション店舗、地元の名店、高感度ファッション、話題の飲食店など、多彩なラインナップの247店を集積した。

日産車体湘南工場第1地区の跡地約18.2haを活用した大規模複合開発事業の核施設のひとつで、商業施設のららぽーとのほか、分譲マンション「パークホームズLaLa湘南平塚」、戸建住宅「ファインコートLaLa湘南平塚」、済生会平塚病院、日産車体湘南工場をあわせ「ららシティ湘南平塚」を形成する。

ららシティ湘南平塚の中央通りと敷地内の公園のネーミングライツを取得。ららぽーと湘南平塚通り、ららぽーとすこやか公園、ららぽーとあおぞら公園を設置し、街づくりを行う。

10km商圏の年代別構成比は、ターゲット層となる20〜40代が全体の約41%を占める。平塚市が行った市民意向調査では、駅周辺で不足しているものとして、商業施設をあげる声が最も多かったという。

平塚市は「子育て世代に選ばれる街づくり」をテーマに掲げていることから、子育て世代のファミリー層を意識した施策を随所に取り入れた。
湘南平塚エリアの特徴を生かしたモールデザインとして、「YAMA TO UMI(山と海)」をテーマに設定。北モールは山のイメージ、南モールは海のイメージ、中央広場は立体公園を意識した光の広場とした。

新たな取り組みとして、交流を生み出す地域のコミュニティ拠点として、3階中央に「SHONAN TREE HOUSE」を設置した。

感じる、学ぶ、つながる集いの場所をテーマに、料理教室にも対応するキッチンを併設したイベントスペースで、三井不動産商業マネジメントが主体となり運営する共有スペース。

テナントのスタッフが自ら商品やサービスのプレゼンテーションやワークショップを行う「ショップPRプロジェクト」を開催する。知育玩具体験会、楽器演奏会、絵本の読み聞かせなどさまざな企画を実施する。

外部講師を起用した有料のセミナーなども開催でき、ららぽーとに出店するショップが直接、お客とコミュニケーションを図る。

三井不動産では、2015年10月に神奈川県海老名市に開業した「ららぽーと海老名」で、店舗共有スペースと店舗を統一した環境で運営し、テナントが共有スペースを活用し情報発信する取り組みを導入している。

先行する海老名では、ショップスタッフによるイベントで新規顧客が増加した事例が数多くあり、海老名での成功を受けて、SHONAN TREE HOUSEを設置したという。
そのほか、「本」を通して「人」と出会うまちの図書館を作る活動「まちライブラリー」に賛同し、SHONAN TREE HOUSEにまちライブラリーを併設した。

まずはテナントのショップスタッフが本を持ち寄り寄贈した。お客も本を寄贈でき、最大で1000冊程度を蔵書できる。来年1月からは、会員を対象に本の貸出を実施する。

 

(中略)

ららぽーとの今後の国内展開としては、2018年秋に「名古屋港明計画」、2020年に「愛知東郷町計画」があり、当面の間、首都圏での新規出店はない。

石神裕之三井不動産常務執行役員商業施設本部長は「ららぽーとが出店できる立地は首都圏を含め、まだあると考えている。ただ、ららぽーとの規模に見合った土地がなかなか見つからないのが実情だ。ららぽーとは海外を含めて出店を強化する。(ららぽーとよりも規模が小さいSC)ララガーデン、ららテラスを含めて、さまざまな立地に対応できる強みを生かして、今後の商業施設開発を進めていく」と語った。

店舗概要
所在地:神奈川県平塚市天沼10-1
敷地面積:約8万1300m2
構造規模:鉄骨造3階建(店舗棟)
延床面積:約16万6000m2
店舗面積:約6万m2
店舗数:247店
駐車台数:約4000台
営業時間:物販・サービス・フードコート10時〜21時
レストラン:11時〜22時

■ららぽーと湘南平塚
http://www.lalaport-shonanhiratsuka.com/

http://ryutsuu.biz/topix/i100417.html

 

 

★★★★★★<PR>オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★


無料で渡れる日本最長の橋、伊良部大橋が昨年開通した宮古島。

旅行雑誌やTV番組などで取り上げられ、さらにアジアからのクルーズ船の寄港が増え、

観光客の人気が高まっている宮古島です。

こちらのショップでは、宮古島の産品やスイーツなどをご紹介しています。

 

宮古島ファンの定番★2017年宮古島カレンダー入荷しました。

 

美ら島宮古 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

宮古 海日和 2017年カレンダー (卓上)
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。

 

カギスマミヤコジマ 2017年カレンダー (壁かけ用)
宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。

 

 

ダイエット効果で話題のシモン茶(3g×20パック)お得な3個セット 伊良部島産の有機栽培茶

農薬や化学肥料を一切使わず、伊良部島で採れる有機肥料を用いて丁寧に育てらています。シモン茶は、その豊富な食物繊維によって体内の脂肪分や不純物を体外に排出するデトックス効果により、お腹回りをすっきりさせる効果が期待できます。

 

この他、沖縄宮古島の特産品をご紹介しています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風

http://miyakonokaze.com

| 商業サービス | 09:55 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

★おすすめ!

ブログランキング

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH