【環境】地球の全大気にCO2が増え続けている

日本が開発した温室効果ガス観測専用衛星「いぶき」が2009年から地球の大気全体における二酸化炭素(CO2)の濃度を測定している。最新の分析結果によると、CO2の平均濃度は月ごとに変動しながら上昇中だ。2009年に385ppm程度だった濃度が2015年には400ppmに近づいてきた。


地球温暖化の要因になる二酸化炭素(CO2)の濃度が大気全体で上昇を続けている。日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)、NIES(国立環境研究所)、環境省の三者が共同で開発・運用中の温室効果ガス観測専用衛星「いぶき」のデータを分析して明らかになった。

 「いぶき」は地球から高度666キロメートルの軌道を3日間で1周する。2009123日に世界初の温室効果ガス観測専用衛星として打ち上げられた。CO2とメタン(CH4)の濃度を観測するセンサーを備えていて、地表面から大気の上端までの「全大気」におけるCO2の総量を観測できる点が特徴だ。地球温暖化のリスクを予測するうえで有効なデータを提供することができる。

 JAXAなどが「いぶき」の6年以上にわたる観測データをもとに、全大気のCO2平均濃度を月別に算出した。その結果、北半球で植物の光合成が活発な夏になると平均濃度が下がり、冬になると上がる傾向を繰り返しながら、経年のトレンドは一貫して上昇を続けている。

 「いぶき」が観測を開始した2009年の時点では、CO2の平均濃度は385ppm前後だった。直近の2015年には395ppmを超えて400ppmに近づいている。遅くとも2016年内には400ppmを超える見通しで、地球温暖化のリスクがますます高まっていく。化石燃料の消費量を地球規模で抑える必要性を示している。

 地域別のCO2排出量を2月と8月で比較すると、2月には北米や南米の北部、ヨーロッパの西部で排出量が多いのに対して、8月には南米の中部とアフリカの中部で排出量が多くなる(図3)。それぞれ植物の光合成によるCO2の吸収量が少なくなる時期に、化石燃料による排出量が上回る結果と考えられる。

 「いぶき」の観測データに基づく全大気のCO2平均濃度はNIESのウェブサイトで1116日から公開を開始した(速報値の掲載ページへ)。2017年度には現在の「いぶき」の後継機を打ち上げる計画で、観測データの精度がさらに向上する見込みだ。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1511/18/news037.html




<PR>★★★オンラインセレクトショップ宮古島の風★★★★★★★★★★★★★★★

来間大橋
海外からの観光客も急増し、人気が高まっている沖縄・宮古島。
宮古島の美しい景色をおさめたカレンダーをご紹介します。

宮古島在住の写真人(ふぉとんちゅ)・清家忠信氏が撮影した美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。壁掛け時のサイズはA3サイズです。
宮古島 カレンダー 2016 ←ココ



宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。
2004年から毎年発売され続けている人気商品です。
宮古島 カレンダー 2016 ←ココ


宮古島在住の写真家・上西重行氏撮影の美しい宮古島の風景を収めたカレンダーです。
コンパクトサイズだから、オフィスや書斎、勉強机など置く場所を選びません。
宮古島 カレンダー 2016 ←ココ






このほかにも、宮古島の産品を取り揃えています。

オンラインセレクトショップ宮古島の風 ←こちら

http://miyakonokaze.com

| 生物多様性、エコ | 10:43 | - | - | pookmark |
【エコ】東京都、世界初の燃費格付け
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120403/230511/?mlt&rt=nocnt

東京都は今夏、トラックの燃費格付け制度を開始する。35万台分の実燃費データを収集、評価基準を作った。

トラックの実燃費を評価する制度は世界初。

格付けを希望する運送会社は、保有するトラック1台ずつ1年間にわたり、給油量と走行距離を記録して燃費を算出。全トラックの平均燃費で、東京都が運送会社を1つ星から3つ星まで3段階で格付けし、公表する。 





既存の燃費規制とは、性格が全く違う。燃費規制は、車種ごとにあらかじめ決まった走行モードでの燃費をシミュレーションし、最も優れた燃費を記録した車種をトップランナーに認定。次期開発車の目標に設定する。一方、東京都の新制度は実燃費を測るため、トラック自体の燃費性能と、運転手の運転能力の両方が効く。




東ト協は、かねて「グリーン・エコプロジェクト」と題したエコドライブ推進活動を展開してきた。3700社の加盟企業に対して、燃費記録のつけ方やエコドライブの方法をテーマに、過去5年間で680回のセミナーを実施。実燃費データは、この活動に参加した運送会社がつけた燃費記録なのだ。


東京都が、この35万台分のデータを統計処理した結果、車種と燃料の種類、車両総重量3要素が燃費を左右することが明らかになった。そこで、3項目に沿って35万台を39に区分。それぞれの区分で標準偏差を求めた。各区分とも、上位20%が3つ星、次の20%を2つ星、残る60%を1つ星に認定する。仕組みこそシンプルだが、膨大なデータの裏づけがある評価制度だけに、信頼性は高い。


燃費格付けで星を獲得することは、たゆまぬ経営努力に対して認定を受けることに等しい。エコドライブは、燃費が向上し燃料費を削減できるだけでなく、交通事故の件数も劇的に減らす。

東京都はグリーン購入ネットワーク(GPN)に働きかけ、星を獲得した運送会社名をGPNのデータベース「エコ商品ねっと」に載せる。国土交通省とも連携して、格付けを後押しする仕掛けを検討中だ。真摯に経営に取り組んだ運送会社が、報われる仕組みを作ることができるか。東京都の挑戦は、始まったばかりだ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

「トラック運転手は、社会的地位が低く見られがち。努力した運送会社が報われる仕組みは、疲弊した業界に差し込む一筋の光だ」。

記事中に、東京都トラック協会の方の発言があります。


一言でトラックと言っても、ダンプカーや廃棄物運搬車、大型トラック等様々です。

物流や輸送、建設など、トラックを身近に感じる仕事ならまだしも、一般生活者や一般ドライバーにとっては、黒煙(今はほとんど見ませんが)や騒音をまき散らし、大きな車体で幅をきかせて走行する怖い存在にしか見えないかもしれません。

しかし、先の大震災後の物資輸送や食糧輸送などに力を発揮したのもトラックです。あれで、トラックや輸送そのもに対する社会の意識は変わったかもしれません。


高い志と経営努力をもって、自社トラックのドライバーにエコドライブを動機付ける。

確かに、このことは社会的に評価されるべきであって、★格付けという分かりやすい手法で企業を選別する目安を設ける意味は大きいと思います。


トラックの燃費は、●車種 ●燃料の種類 ●車両重量の3つが影響するとのこと。それ以前に、ハンドルを握るドライバーのエコ意識が無ければ、高燃費を実現することはできないのです。

エコドライブを徹底する企業が社会的に評価される仕組み。拡がってほしいですね。


<PR>=========================


沖縄宮古島の恵み 食べるラー油 (120g)




| 生物多様性、エコ | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【エコ】トヨタ、「セルロースエタノール酵母菌」などバイオ・緑化事業の取り組みを公表
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=293120

トヨタ自動車は、トヨタのバイオ・緑化研究所(愛知県みよし市黒笹)を公開し、バイオ燃料の生産効率を引き上げる新開発の「酵母菌」、駐車場と壁面向けの新しい都市緑化資材、および緑化効果をシミュレーションする「クールスポット形成技術」を中心に取り組みを公表した。

◆バイオ燃料(セルロースエタノール)の開発状況
トヨタは、今回新たに遺伝子組換え技術を駆使し、セルロースエタノール製造の発酵工程において重要な役割を担う酵母菌を開発。

この酵母菌の特長は、酵素糖化工程において植物繊維を分解した時に出来る糖の中で、自然界の酵母では発酵が難しい「キシロース」を高効率で発酵させることが可能。これにより、世界トップクラス*のエタノール発酵濃度(約47g/L)を実現しており、収率(原料からエタノールができる割合)の向上、ひいては製造コストの大幅な低減が可能となると期待している。


◆新しい都市緑化資材と緑化効果シミュレーション技術
トヨタは、駐車場緑化商品(商品名:「Smart Green Parking」)と、ワイヤー式の壁面緑化商品(商品名:「Smart Green Wall」)を新たに開発。

これまで商品化してきた屋上緑化・室内緑化に加わる今回の新商品により、緑化資材のラインナップが充実し、お客様の緑化ニーズに幅広く対応することができると考えている。
駐車場緑化

ワイヤー式壁面緑化

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

自動車会社の責務と自覚か、トヨタは他の自動車メーカーと比べてみても、

バイオ分野の研究・開発を地道に続けているという印象があります。



先の、◆「バイオ燃料(セルロースエタノール)の開発」。

EVや低燃費車とはベクトルが異なる環境対策。


CO2排出量を抑えるとされている植物由来の燃料を、

低コストで安定的に製造できるようになれば、

これまで培ったエンジン技術を今後も活かし続けることができます。



EVや第三のエコカーの開発で遅れをとったようにも見えますが、

HV、PHVで先行するトヨタにとって、燃料そのものがエコになれば

自社の強みを発揮することができます。



多様なエネルギーを有効活用するという点で、

今後の技術開発が注目されます。




新しい都市緑化資材
毎年、夏になると都市部では、「ヒートアイランド現象」が話題になります。

特に今年の夏は、節電運動の広がりから、

グリーンウォールやグリーンカーテンへの取組みが広がりをみせました。


電力不足は今後も続くことが予想されており、エコ意識が定着しているため、

今後も、ソーラー発電と共に、都市緑化に対するニーズは拡がってゆくでしょう。




ところで、、、なぜ10月というタイミングに発表したのか??

| 生物多様性、エコ | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【生物多様性】 サントリー、初の首位 環境ブランド 日経BP調査

http://www.nikkei.com/news/ranking/genre/article/

・企業(一部はブランド名)の環境活動に対する印象を調べる2011年の「環境ブランド調査」でサントリーが初の首位。

・2位はハイブリッド車「プリウス」を展開するトヨタ自動車。

小売りでは植樹などの取り組みを進めるイオンが3位に浮上。

昨年末に電気自動車「リーフ」を売り出した日産自動車は7位。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

小さい記事でしたが、目に留まったので・・・。




近年の企業によるCSRや社会貢献活動にも、変化が見えますね。


本業に直接かかわる領域での社会活動に重きを置き、そこで自社の強みを発揮することで、結果として社会のために役立つという流れが主流となっています。

サントリーは、「水と生きる」の理念のもと、各地で森林保全活動や「水」をテーマにした教育活動、野鳥保護なども永年手掛けていらっしゃいます。
http://www.suntory.co.jp/company/mizu/


水源を守る。水質保全に寄与する。
これはすなわち、自社の事業基盤を守ることでもあります。
きれいな水があるからこそ、自社が成立できるのだと!


2位になったトヨタ。
プリウスやPHVなど、他者をリードする環境技術で社会貢献する点に
注目が集まります。
しかし、中国や東南アジアでの植林などで森林保全・生態系保全にも
積極的に取り組んでいることなどは余り知られていないかもしれません。


本業と環境活動の関係性。
企業はどのように情報発信すべきか、いかに整合をとるか、
十分に考える必要がありそうです。

| 生物多様性、エコ | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

★おすすめ!

ブログランキング

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH